羞恥部屋

アダルト小説と昭和レトロなエロ画集です。

BlogPaint
-24-
おっぱいをゆすられ、乳首をモミモミされたあと、お股の真ん中を弄りだされる由佳。
「ああん、せんせ、だめ、あかん、ああん」
「なになに、由佳、いい気持なんでしょ、ふふん」
畳二枚分の狭いお部屋、剝き身部屋、背もたれが十字の椅子に開脚Mすがたです。
木村教授が、正面から、右手のお指で、陰毛の下部をまさぐりだされだした由佳です。
文学部の二年生、琳派の研究をしたい申し出る由佳に、実地体験だとおっしゃるんです。
「はぁああ、ああん、せんせ、そんなとこ、さわったらぁ、ああん」
「なになに、クリトリス、剝いて欲しいってゆうのかい、由佳!」
陰唇をめくられ、ひろげら、その先っちょを剥きだされてしまう、可憐で清楚な由佳。
開脚Mすがたにされ、腕を横にひろげた由佳の裸体が、正面から見つめられています。
「ああっ、だめ、ああっ、そこ、だめ、あかん、ああん」
クリトリスをつままれ、キリキリと細くてキツい刺激を注入される由佳、お顔を歪めちゃう。
木村教授は刺激にお顔を歪める由佳を、左手でおっぱいを、右手では股間を触ります。
右手の中指が、ヌルっとしている膣のなかへ、腹を上向かせられて、挿しこまれてきます。
「はぁああん、いやぁああん、はぁああん!」
由佳、開脚Mすがた、腕は持ち上げられて左右にひろげられた格好、抵抗できません。
「ふふふふん、由佳、おおおっ、ヌルヌルだねぇ、いい感触、いいねぇ」
「いやぁああん、せんせ、だめったら、ああん」
左の手指で乳首をつままれながら、右手の中指を、膣のなかへ挿しこまれている由佳。
じんじん、性感の急所を刺激されてきて、二十歳になったばかりの由佳、タジタジです。
「ふふっ、由佳、指じゃあ細すぎるかな?」
右手の中指の腹を上向かせて、挿して抜いて、挿して抜いてされている由佳ですが。
「バイブレーターが、いいかなぁ、由佳、これ、これだろうねぇ」
ピンク色のバイブレーターを、お指の代わりに、挿しこむとおっしゃる木村教授です。
「あっ、あっ、ああっ、いやぁああん、あああん」
もうお指で十分に濡れている由佳の膣へ、ピンクのバイブが、挿しこまれたんです。
「ほうら、由佳、どうだね、いいだろ、いい気持なんだろ?!」
細目で小さめのバイブだから、難なく由佳の膣に埋まってしまって、引き抜かれます。
「あああん、いやぁああん、はぁああああん」
きっちり開脚Mすがた、腕をひろげた由佳、お腰を揺すってくねらせるけど、それだけ。
バイブレーターを振動されないまま、挿されて抜かれて、挿されて抜かれて、です。
じわじわ、由佳、からだの奥がじんじんと、痺れてくる感じで、悶えるお声を洩らします。

-25-
バイブが挿されて感じだす、由佳をみていた木村教授、ムラムラ、おちんぽ挿入です。
背もたれが十字の椅子に開脚Mの姿にされている由佳を、犯してしまいたい衝動です。
パイプ椅子に座った木村教授、下半身は裸、にょっきりおちんぽが勃起しています。
「いただいちゃうよ、由佳、欲しいんだろ、ぼくのちんぽ、そうだろ!」
クリトリス責め、バイブで膣責め、そうしていよいよ、ナマのおちんぽで、おめこ責め。
「ああん、せんせ、それわ、そんなんしたら、あかちゃん、でけたらぁ」
「ははん、だいじょうぶ、出すときわ、ちゃんとスキンをかぶせてあげる」
大学の研究室の一角、囲われた二畳の広さ、剝き身部屋、由佳、教授の餌食です。
「でけたら、せんせ、せきにん、とってよ、責任を」
素っ裸にされて開脚Mすがた、腕が横にひろげられた格好、二十歳の由佳の受難です。
陰茎を握った木村教授が、亀頭で由佳の縦割れ陰唇を、めくって膣へ挿しこまれます。
「ああああっ、ひゃああん、ああん」
まだスキンもついていないナマのおちんぽ、亀頭が膣に挿されて、由佳、悲鳴です。
「ふふっ、いただいちゃうよ、由佳、どんな感触なんやろ、ねぇ!」
ぶすぶすっ、由佳、お股をひろげられたまま、おめこにおちんぽ、挿されていきます。
「ひゃああ、あああん、せんせ、あああん」
由佳のおめこ、バイブでぬるぬるにされているから、あんがいスムーズに挿入です。
窮屈な姿勢、開脚M、身動き取れないままに挿入されて、由佳、身震いしちゃう。
「おおおおっ、入っちゃった、由佳、奥が深いんだねぇ、入ったよぉ」
120度にひろげられている股間お真ん中に、木村教授のお腰がきっちり密着しています。
勃起おちんぽ、二十歳の大学二年生、可憐で清楚な由佳がおめこに、咥えているんです。
「可愛いねぇ、さすがだねぇ、なんともいえない、いいねぇ、由佳」
「はぁあ、ああん、はぁああん、はぁああ、ああん」
勃起おちんぽの根元まで、おめこに挿しこまれたままの由佳、呻くお声が洩れ出ます。
挿しこんだ勃起おちんぽを、ゆっくり引き出されてきて、亀頭だけ、残されます。
「いいねぇ、由佳、おっぱい、ふふん、なぶってあげようね、乳首かねぇ」
亀頭をおめこに挿しこまれたまま、お腰を微妙に揺すられながら、乳首をつままれちゃう。
「ひぃやぁああん、せんせ、あかん、あかんですぅ」
ぴりぴり、ずきずき、女の子の感じる急所、二か所の同時攻め、由佳、お悶えしてしまう。
足を閉じようとの衝動があるのに、閉じられない由佳、じんじんと、感じだしてしまいます。
手を動かそうと思うけど、腕は横にひろげられ、括られているから、自由がきかない。
ぶすっ、ぶすぶすっ、勃起おちんぽが、由佳のおめこに埋め込まれていきます。
「ひゃああ、ああああん、ひゃあああん!」
十字の背もたれに腕をひろげて、勃起おちんぽ、ぶすぶす挿される開脚Mの由佳です。
ずんずんと、アクメに向かって、階段を昇り始める、可愛くて可憐な二十歳の由佳なんです。

-26-
どうしてこんなことになっているんでしょ、大学二年生の由佳、教授の研究室です。
文学部で琳派の研究をしたいと思っている由佳が、木村教授に教えてもらう。
豊かなこころの出来事を体験しなさいというので、この二畳のスペース剝き身部屋で。
いま、もう、由佳、アクメに昇っていくところ、木村教授のおちんぽがぶすぶす挿入。
「ひゃああん、せんせ、ひぃいい、いいいっ!」
背もたれが十字の椅子に開脚Mの姿にされている由佳、その正面から挿し抜きです。
「おおおっ、いいよ、めっちゃ、おおおっ!」
ぶすぶすっ、ぶすぶすっ、一秒に二回のスピードで、勃起おちんぽが、挿されて抜かれて。
由佳、もう、とろとろ、何が起きているのか、わけがわからない、快感に浸ります。
足をひろげられ、括られているから、身動き取れない由佳ですが、それだけに強烈です。
「ひぃいいっ、ひぃいいっ、ひぃいい、いいっ!」
お顔を上向かせ、歯をくいしばって、おめこに注入される刺激を、からだが受けとめます。
二十歳になったばかり、可憐で清楚な女の子、由佳がたっぷり、セックスされている。
とろとろ、由佳のからだの奥からは、喜悦のお蜜が滲み出て、勃起おちんぽに絡みます。
「ひぃやぁああん、いく、いく、ああああっ!」
もう、アクメに昇っていく由佳は、足をひろげて持ち上げられてM姿になったままです。
「おおっ、いけ、いけ、おおおっ!」
木村教授、もう、いい気持ちになって射精がはじまろうとしているんです。
「ひぃいい、やぁああん、いく、いく、いっちゃう、ううっ!」
ずんずん、アクメ、オーガズム、由佳、天使さまの奥深くから快感誘拐されちゃいます。
ぐぐっと昇ってくる快感、おからだがふるえて、爆発してしまいそうな気配に悶えます。
由佳のおっぱいが、ぷっくら膨れあがって、乳首がピンピンに起っています。
お股の陰唇は、全開にひろがりきって、クリトリスが勃起して露出です。
「ひぃいい、ひぃいい、いく、いく、いくううう、うううう~~!」
そのとき、木村教授の勃起おちんぽが、ぶちゅんぶちゅんと痙攣しちゃいます。
ぴしゅん、ぴしゅん、精子が発射され、洩れないようにスキンガードの由佳のなか。
「ううううう~~、ああああ~~~!」
おおきなうなり声になってしまった由佳、ぴしゅん、ぴしゅん、お小水を吹きあげます。
最高、めっちゃ、快感、ねっちり、じわじわと攻められて、アクメを迎えてしまった由佳。
ここは大学教授の研究室、その一角の剝き身部屋にいる、女子学生の由佳。
ぐったり、気を失って、そのまま眠ってしまう大学は文学部二年生、裸の大島由佳です。
(この章おわり)




1200sex170813021
-22-
二畳、一坪の広さの剝き身部屋、隅におかれた十字背もたれ椅子に、由佳が座ります。
木でつくられた背もたれ椅子、座るところは幅30cm長さ40cmで、厚さ3cmの座部。
背もたれは幅30cm高さ60cm、横板は立板とおなじ寸法にしてあって、十字架です。
背もたれ椅子の前にパイプ椅子が置かれて、狭い剝き身部屋はもういっぱいなんです。
「ああん、せんせ、どうするん、いやだぁ」
「なになに、いいのよ、由佳、たっぷり、かわいがって、あげる」
「たっぷり、かわいがってあげる、って?」
「たっぷり、かわいがってあげる、ってことだよ」
こんな会話を交わしながら、木村教授は、由佳のお膝に太めの紐を巻いちゃいます。
右のお膝うえ、左のお膝うえ、それぞれに、お紐が巻かれて、腕を横にひろげられます。
「ああん、なにするん、せんせ、括ったら、ああっ」
お肘に紐が巻かれて横にされ、背もたれの横板にあいた5cm穴に紐が通されます。
お膝に巻かれた紐が、持ち上げられて背もたれの、横板両端の5cm穴に通されます。
「いやぁああん、せんせ、こんなかっこう、恥ずかしいよぉ」
由佳、思ってもいなかった格好、お股をひろげられてしまって、身動き取れない。
「いいの、いいのよ、由佳、大学二年生は、羞恥の躾が必要なんだよ」
「でも、でも、でも、こんなの、恥ずかしいですよぉ、いやぁああん」
乳房が丸出し、股間が丸出し、見られ放題、弄られ放題、そのうえ無抵抗でセックス。
「だれもみてない秘密の部屋、剝き身部屋だよ、わかるかなぁ」
すでに素っ裸だった由佳、腕をひろげ、お膝をひろげて持ち上げられた格好。
目の前すぐに、木村教授がパイプの椅子に座っていて、由佳が弄られていくんです。
「みんな、この格好で、よろこんだんだから、由佳も、きっとよろこぶんよ」
由佳の先輩たちが、ここで、開脚Mのこの格好で、喜悦に悶えたというんです。
「じゃあ、ね、由佳、使いたいおどうぐを、ならべて、おこうかなぁ」
30cm円形で床上15cmのテーブルへ、壁にかけたお道具から、使う分だけ移動。
「なに、使って欲しいんでしょうねぇ、由佳ちゃんわ、これかなぁ」
ちょっと小さいサイズのピンク色したバイブレーターを、木村教授が手にします。
このあとに使われるお道具を、木村教授が選んで由佳の同意を求めるんです。
「いやぁああん、そんなの、見たくないですぅ、みせないでよぉ」
由佳は木村教授から、バイブを示されて、開脚M姿じたいが耐え難いのに、です。
バイブを一瞬見たけれど、お顔を横にしてしまって、半泣き状態、羞恥心いっぱい。
「ほっぺが、赤いよ、火照っているのかなぁ、由佳、かわいいねぇ」
開脚M姿にされて、見られているけれど、弄られを放置されている由佳、羞恥です。

-23-
背もたれが十字になった椅子に、お膝をひろげられて持ち上げられている由佳。
バイブの次にはブルーのローターを、目の前にぶらぶら吊り下げられちゃいます。
「これなんかも、由佳、好きになるかも、だよ、感じるらしいねぇ」
「いやぁああん、せんせ、そんなの、だめですよぉ」
文学部二年生の由佳、ローターが膣のなかでうごめく刺激を、知っているんです。
ひとりで、ネットの通販で購入しちゃって、ドキドキしながら、入れちゃった経験。
ええ、大学一年のとき、興味いっぱい、男子の名前で、購入しちゃったんです。
「ふふっ、知ってるんだろ、ローター、使ってるん違うんかなぁ、由佳」
「どうして、せんせ、知ってるん、見てたの?」
木村教授のカマかけに、素直に告白らしく、伝えてしまった由佳、とっても恥ずかしい。
「そうなの、経験済みなんだ、えっちなんだねぇ、由佳」
お股をひろげられたまま、じっと股間を見つめられている由佳、うずうずしてきちゃう。
ブルーのローターが脇の30cmテーブルに置かれて、いよいよお弄りが始められます。
「たっぷたっぷの、おっぱい、いいねぇ、由佳、おんなだなぁ」
まずは腕を横にひろげられてしまって、無防備な乳房を弄られだす由佳です。
由佳の目の前、パイプ椅子にお座りの木村教授が、両手を差しのべ、乳房を揺すります。
たっぷたっぷ、すそに人差し指をおかれて、双方を同時に、揺すられてしまいます。
「ああん、せんせ、やめて、やめて、やめて、くださいよぉ」
感じる刺激ではないんですけど、こんなにされておっぱいを揺すられるのも羞恥です。
「あああん、だめ、だめ、感じちゃうぅ、ああん」
乳房ゆすりから乳首もみにかえられる由佳、左右の乳首がつままれ、揉まれだします。
「あああん、はぁあああん」
きっちりお膝をひろげて引き上げられた太ももの、うちがわがピクピクと波打ちます。
まだ、見えるようにされただけの股間、縦割れの唇は、閉じられたままです。
乳首を揉まれだすと、由佳のおからだ、注入される刺激で、子宮が疼いてきます。
膣のなかでは、刺激で、とろとろのお蜜が滲み出てきて、ヌルヌルになってきます。
「ふふ、由佳、感じるんだね、乳首、ふふ、やっぱり由佳も、だねぇ」
「いやぁああん、せんせ、あああん、いやぁああん」
お腹のなかの奥のほうが、じわじわ、むずむず、でも、そんなこと言えない由佳。
ぷちゅぷちゅ、もみもみ、乳首をつままれ、木村教授のお指の腹で揉まれていきます。
執拗に揉まれ、揺すられる乳房と乳首、由佳、じんじん、刺激を注入されてきます。



BlogPaint
-20-
木村教授は男だから、由佳がはだかで、いい気持になるのを見てるだけでは済みません。
おちんぽが勃起してきて、それをなぶってもらいたい由佳は、片足を吊った格好です。
由佳の手が降ろされ、吊られたお膝も降ろされ、パイプの丸椅子に座らされます。
「ほんなら、ぼくの、ちんぽ、咥えておくれ、さあ、さあ、由佳!」
狭い畳二枚分、鏡とビデオのモニターと、お道具が吊られた壁面の剝き身部屋です。
手首を括られたままの由佳、頭のうえに格好で、手は使えなくて、お口だけです。
目の前に、剝きだしにされた木村教授の勃起したおちんぽ、いやらしいです。
由佳、でも、興味深々、木村教授の勃起したおちんぽ、見て見ぬふりですけど。
「ほうら、由佳、口をあけなさい、ぼくのちんぽ、咥えるんだよ」
木村教授が由佳の前に立たれると、その腰が由佳のお顔の前になります。
にょっきり、棒立ちになったおちんぽ、皮が剝けて、亀頭がとってもいやらしい。
「さあ、由佳、咥えろ、ほうら、くち、あけろ」
ぐぐっ、木村教授が勃起おちんぽで、由佳のホッペをぺんぺんと叩いて、唇へ。
左手で由佳の手首を握り、右の手の平を由佳の頭のうしろにあてがっています。
「はぁああ、ああっ、うう、ぐぅううっ」
由佳のお口の中へ、勃起おちんぽの亀頭からカリ首の部分が挿入されてしまいます。
「ほうら、由佳、いいぞ、このまま、押し込む、いいな、咥えろ!」
そういわれて、由佳、うんうんと小さくうなずき、そのまま陰茎の半分まで、挿されます。
フェラチオさせられる由佳、大学二年生、琳派研究をしたいと思っている文学部女子です。
木村教授の研究室につくられた剝き身部屋、由佳の先輩たちも使ったお部屋です。
「ほうら、ぎゅっと、吸い込むんだよ、ぎゅっと、そうして」
「うううっ、ふぅうううっ」
「ぎゅっと吸いこんで、ほうら、顔を、前へ、後ろへ、スライドだ」
「ふうう、ううううつ、ふうう、ふうう」
勃起おちんぽ、お口に咥えたまま、木村教授に誘導されて、お顔を前へ後ろへさせます。
お口に咥えた勃起おちんぽ、その陰茎を唇で、擦るようにして、ナメちゃうんです。
頭のうしろに置かれていた手が、由佳、おっぱいをまさぐられてきちゃって、感じちゃう。
立っていたときになぶられていた股間は、置いておかれるまま、フェラチオする由佳です。

-21-
パイプ椅子にお尻をおいた由佳、括られた手首の紐も解かれて、全裸にされて自由です。
由佳、自由になった手で、口で、木村教授のおちんぽを、握って咥えて、フェラチオです。
「ほら、由佳、すきなだけ、おしゃぶりしなさい、ちんぽを、ねっ」
剝き身部屋の由佳と木村教授、もうふたりとも全裸、男と女、教授と女子学生です。
大学の研究室の狭い剝き身部屋にこもった由佳と木村教授、いけない関係ですけど。
「ああん、せんせ、おっきい、おっきいですぅ」
右手で陰茎をにぎって、左手は木村教授のお尻にまわし、お口に亀頭につけます。
唇にはさんだ亀頭の先っちょ、そのまま唇で絞めるようにして、お口の中に挿しこみます。
勃起おちんぽの半分ほどまで、お口に咥え入れた由佳が、そのままで吸いあげます。
吸いあげて、勃起おちんぽをお口の中に密着させて、ずぼん、と抜いちゃうんです。
抜きあげられた勃起おちんぽ、由佳、陰茎を握ったまま右手を、ぎゅっと押し込みます。
「おおおおっ、いいねぇ、由佳、うれしいよぉ!」
亀頭を剥いてしまい、カリ首も剥いてしまって、テカテカになった頭に唇を這わせます。
ぷっちゅり、木村教授の亀頭先っちょから、ぬるっとした粘液が滲み出てきます。
由佳、その粘液を、舌先で拭いとり、唇にまつわりつかせて、亀頭に絡めてあげます。
ヌルヌルになる木村教授の亀頭、大学の教授なのに、いやらしい粘液だしちゃうのよ。
そうして、由佳、握った右手を、陰茎握ったまま、上下にスライドさせていきます。
ぐいっ、ぐいっ、勃起したおちんぽの皮を剝いてあげて、テカテカにしてあげて、戻す。
こんどは、陰茎握ったまま、ぎゅっと持ち上げるようにして、亀頭に皮をかぶせます。
とはおもうけど、皮がかぶりきらないから、そのまま剝きだしにして、可愛いがります。
「いいんだね、由佳、せんせとこんなことしても、いいんだね」
せくはらとかぱわはらとかになるかならないかのところだから、木村教授が確認です。
「うううん、うったえるかも、しれません、ふうきいいんかいに、だよ」
由佳は、木村教授の勃起させたおちんぽを握ったまま、お顔をあげちゃいます。
「ほぉおお、おおおっ、ほんばん、したいねぇ、したいよぉ」
「ええっ、せんせ、それは、どゆこと、たぶん、あのこと、ふふん」
木村教授は美男子だし、将来有望な学者先生だし、由佳、密な関係になる方向。
でも、先輩が実らなかったのだから、でも、まあ、いいや、と由佳は思うのです。
こうして、フェラチオがおわると、いよいよ、本番、おちんぽを膣に埋め込まれちゃう。
でも、木村教授は琳派流だと言って、ああ、由佳、拘束されて、逝かされるんです。




1200sex1703180094
-18-
着ていた衣類を脱がされてしまって、裸にされてしまう文学部二年生の由佳。
木村教授の研究室につくられた畳二枚分の剝き身部屋、由佳は爪先立ちです。
脱がされてしまった花柄ショーツが足元にまるめられ、タンクトップは首の後ろです。
「ああん、せんせ、手が、足が、つらい、辛いですぅ」
足の爪先だけが床に着いた状態で、括られた手首が引き上がっている由佳です。
からだがまっすぐ立っている状態だから、胸がぷっくら、お尻がぽっちゃりまるまる。
「そうか、ほんなら、ゆるめてあげましょう、ゆるめてあげますよ!」
手首を括った紐が降ろされて、足裏が床に着いて、手がゆるんだけど、頭の上です。
お尻が振れる、お膝が少しは曲げられる、そんな由佳を、木村教授が抱いてきます。
うしろから、抱いてきて、由佳の全裸が鏡に映され、ビデオカメラに撮られてモニターに。
「ああん、こそばい、せんせ、こそばいですよぉ」
うしろから抱かれて首筋に、唇をあてられ、下唇を這わさあげられて耳たぶうしろまで。
抱かれた手の右は、おっぱいにかぶせられ、乳房をしたから揺すられてます。
左の手は由佳の腰から陰毛をさすりながら股間へ、お股のなかへ、です。
じょりじょり陰毛掻き上げられて、それから股間へ、上向けた手の平を入れられちゃう。
「あああん、せんせ、だめですよぉ、ああん、痴漢したら、あああん」
柔らかい由佳の肌、二十歳の大学二年生、少しぽっちゃり、ぷっくらいています。
手の指を股間の濡れたところへ挿しこまれてしまって、由佳、お膝をぎゅっと閉めちゃう。
無意識です太ももで、挿しこまれてきた木村教授の手を締めてしまって、侵入を阻止。
といっても、阻止なんてできるわけがなくて、丸いパイプ椅子に左足が上げられてしまう。
むしろ股間をひろげられてしまって、左のお膝に紐が巻かれてしまうんです、由佳。
左足がお膝から吊り上げられてしまって、股間が露出させられてしまって、片足立ち。
「ほうら、由佳、どうだい、いい格好になったでしょ、素敵でしょ!」
片足を床に並行するところまで持ち上げられた由佳の裸の姿が、鏡に映っています。
「はぁああ、せんせ、えっちよ、すけべぇよぉ、こんなの、いやぁああん」
鏡に映った自分の姿は、自分でありながら、自分でないような倒錯した感覚です。
由佳、どうすることもできないじゃないですか、なされるままに、なるしかありません。
木村教授が、由佳の前にまわって、乳房を愛撫しながら、乳首を唇に挟んじゃいます。
左腕を由佳の背中に、右の手指で乳房ひとつを包みこみ、乳首を挟んじゃうんです。
「ああああん、せんせ、いやぁああん、こんなかっこう、いやぁあああん」
ぷちゅぷちゅ、乳首を揉んで吸って唇から離される木村教授、何回かこれの繰り返し。
そのうち、これが、由佳の股間へ移動して、陰唇がひらかれ、覗かれてしまうんです。

-19-
由佳が片足をのせていたパイプの丸椅子に、木村教授が座られます。
お顔が由佳のおへそのところにきて、左足をあげた股間は、そのままでは見えません。
見えないから、木村教授は、猫背にして、からだを前へ折り曲げ、由佳の股間を覗きます。
狭い二畳の空間、全裸状態で手を頭の上、左のお膝が吊りあげられて、床に平行です。
「ああん、せんせ、こんな格好、つらい、辛いですぅ」
片足で立っている格好だから、お尻を振ることぐらいしか、できないじゃないですか。
「はははん、由佳、いい格好、ぼく、好きなんだよなぁ」
「いやぁああん、せんせ、へんたいよ、えっちよ、きらいよ、せんせ」
「いいのよ、いいの、由佳、そのうち、忘れられなくなる、ふふん」
木村教授は、左腕で由佳のお尻を抱いてしまって、右の手の平を股間へかぶせます。
「ふふん、たっぷり、かわいがってあげますから、ねぇえ、由佳」
お顔を由佳のお腹に押し当てて、お尻を抱いて、右手の平が、由佳の股間をいじります。
「いやぁああん、せんせ、たってられへん、いやぁああん」
由佳には、どんなふうになぶられているのか分からないけど、陰唇がひろげられます。
滑った由佳の谷間、陰唇と陰唇の間、縦割れの谷間を、木村教授が、指で弄ります。
「ふふふん、はははん、由佳、柔らかいんだねぇ、お股の唇、それに」
「ああん、せんせ、だめってば、だめってばぁ」
「ヌルヌル、由佳、ヌルヌルしてるよ、ヌルヌルだよ」
木村教授にお尻を抱かれ、お顔をお腹に当てられて、股間を弄られている由佳。
右だけの片足で立っている格好だから、でも、力を抜いちゃっても崩れません。
ああ、木村教授が右の手の、親指を、おめこのなかに、埋め込んできて、、お尻に。
お尻の穴を、弄ってきちゃうんです、由佳の、お尻の穴、膣と一緒に、なぶるんです。
「おおおお、いいねぇ、とってもいいねぇ、たっぷり、ぬれぬれ、だねぇ」
ぐちゅぐちゅ、親指がおめこのなかを擦られてきて、文学部二年生の由佳、悶えます。
おからだの奥へ奥へと快感を注入される感じで、由佳、立っているのが辛いです。
お尻を抱かれていた木村教授の左手が、こんどはおっぱいを、まさぐってきちゃいます。
右の手指は、股間に置かれて、親指が抜かれて、人差し指と中指が、おめこに挿入。
こんどは親指が、クリトリスあたりを弄られてしまう由佳、二十歳になったばかりです。
「感じてる、由佳、そうだろ、感じてるんだろ、この格好で!」
「いやぁああん、ちゃう、ちゃいます、そんなんちゃうぅ、うううっ」
得体のしれない快感が、由佳をめろめろにしてくるんです、感じちゃうんですぅ。


1200sx1607280003
-16-
畳二枚ほどの広さしかない剝き身部屋ですから、とても狭い密室です。
手首を括られ、頭のうえにのせる格好になってしまった由佳は、タンクトップに短パン姿。
床から1.8mのところの鉄棒に、手首を括った紐が廻され、手首に戻って括られて。
立ったままだと手首は頭に、お尻を落として座ろうとすると、手が伸びきってしまいます。
中腰になれる、身動きできるんですけど、手首は括られていて頭の上なんです。
「ああん、せんせ、だめですよぉ、ああん」
うしろから抱かれてしまって、こそばくって、背筋がゾクゾクしてきちゃう由佳です。
目の前1mのところには大きな鏡、ビデオカメラが正面から由佳を撮って、モニターに。
もう一面の板壁には、大きな60型のモニターが掛かっていて、由佳が映ります。
うしろから、木村教授が、由佳の肩ごしに、お顔を、鏡に映していて、にやにや顔です。
「ああん、せんせ、だからぁ、ああん、こそばい、ですからぁ」
脇腹を撫ぜられる由佳、タンクトップの首筋から、胸へ手を入れてきちゃう木村教授。
「はぁあ、はぁああ、はぁあああ」
木村教授が呼吸される擦れた音が、由佳に聞こえて、由佳だって、お声を洩らしちゃう。
「ああん、はぁああ、せんせ、はぁあああ」
木村教授の息使いが荒くなってきて、由佳だって、呼吸するタイミングが早くなっています。
手を頭においた由佳、からだをよじって、胸に挿しこまれた木村教授の手を、退けようと。
でも、たった手首を括られて頭の上に置いただけで、なんの抵抗もできないんです。
「ああん、いやぁああん、せんせ、ああん、めくったらぁ」
こんどはタンクトップのすそから、右手を入れてきた木村教授に、由佳、触られちゃう。
おっぱいを触られてしまうと、由佳、いやな気分がふっとび、こそばさもなくなります。
タンクトップを胸のうえにまで、めくりあげられ、ブラがはずされてしまう。
由佳、ぷっくらおっぱいが、露出させられてしまって、鏡に映しだされてしまったんです。
「ああん、せんせ、だめですよぉ、はぁああ、ああん」
ほんきで拒否しているのではなくて、由佳、恥ずかしい、とっても恥ずかしいだけです。
お顔が、頬が、ほんのりと、赤らんできちゃって、大学二年生、文学部の由佳です。
「いいんでしょ、由佳、好きになれるかなぁ、きっと好きだよねぇ」
木村教授、美代子先輩にも、こんなことして、あの究極の羞恥へまで行ったのかしら。

-17-
タンクトップがめくりあげられ、ブラがはずされ、おっぱいが露出してしまった由佳。
手首は括られて頭の上にあがった状態だから、おっぱいを隠すことができません。
木村教授が、ぷっくら膨らんだ由佳のおっぱいを、触ってきちゃうんです。
鏡に映った由佳の上半身を、うしろから見られながら、おっぱいを揉まれちゃう。
「いやぁああん、せんせ、ああん」
「柔らかいんだね、由佳、キミのおっぱい、やわらかい」
ぷっくら膨らんで、垂れてなんかしていません由佳の乳房を、揉んじゃう木村教授。
そうして双方の乳首を、うしろからまわされた手の指に挟まれ、モミモミされます。
ぴりぴり、乳首をつままれ、揉まれだすと、由佳、じじじじん、刺激が子宮に伝わります。
「あああん、せんせ、だめ、だめ、だめったらぁ」
手を頭のうえに持ち上げたまま、大学二年生の由佳、上半身をくねらせているんです。
「ふふっ、由佳、ほんなら、短パン、脱がしてあげようか、ね」
一坪、畳二枚分の広さの剝き身部屋、鏡に映された由佳の姿、短パンを脱がされる。
「ああああっ、だめ、ああああん、せんせ、だめですよぉ」
ファスナーがおろされ、ホックがはずされ、ベージュの短パンが、降ろされてしまう。
短パンを脱がされてしまって、穿いている白地に小紋の花柄ショーツ姿になった由佳。
「いいねぇ、由佳、とっても、うるわしいねぇ、素敵だよぉ」
胸上まで持ち上がったタンクトップを脱がされだす由佳、頭を抜かれて首うしろへ。
ブラも一緒に首うしろにまとめられ、ショーツを穿くだけの半裸にされてしまった由佳。
細くくびれたウエスト、ぷっくら膨らんだバスト、まん丸いお尻のラインが、艶めかしい。
「ああああっ、せんせ、だめ、ああああっ」
由佳のお声が悲鳴にかわってきたのは、手首を括った紐が持ち上げられたからです。
足のかかとが少し浮き上がる爪先立ちの状態で、手を引き上げられてしまった由佳。
花柄ショーツだけの裸体が、伸ばされて、半吊りにされてしまったんです。
剝き身部屋、畳二枚分の広さ、板の壁には大きな鏡、大きなモニター、それにお道具。
身動きできなくなってしまった由佳、花柄ショーツが腰からお尻を抜かれて降ろされます。
「ふふっ、いいね、由佳、好きだよ、こんな格好の由佳、素敵だよ」
木村教授のお顔がとっても変態さん表情になって、由佳を眺めまわしています。
太ももの中ほどで留められてしまった花柄ショーツ、陰毛が露出してしまった由佳です。

1200sex1705070156
-14-
<剝き身にされて弄られて>
尊敬する木村教授と結ばれてしまった大島由佳は、文学部の二年生です。
なにやら心の中のめらめら感が、燃えあがってしまったような気持ちです。
処女ではないですけど、由佳、セックス経験は、少しだけありました。
大学一年の5月、昨年のことですけど、研究会の先輩とセックスしました。
でも、ラブホテルへ3回ほど行ったけど、祇園祭の夜にお別れしました。
「琳派研究よりも、浮世絵、春画研究とか、縛り絵研究とか」
「ええっ、せんせ、春画とか縛り絵とかの、研究ですかぁ」
「知ってるんやろ、大島くん、春画とか縛り絵とか、見たことあるやろ」
書籍で見るのは、恥ずかしくって見れないけど、ネットのなかで見ている由佳です。
興味あります、でも、興味あるって、言えない、どうしてだか、言えないんです、由佳。
木村教授の研究室、書棚の奥に春画の本、縛り絵の本、それにもっといやらしいもの。
ここにはそんな貴重なものが所蔵されていて、由佳、見てもいいよ、と言われたんです。
「ほうら、見てごらん、縛り絵、由佳くんなんか、似合うんじゃないかなぁ」
後ろにまわされた手首が括られ、乳房が絞りあがって、天井から吊られている図。
恍惚とした表情の女の人はまだ若くって、なんとなく由佳の知っている子にそっくり。
二年先輩、四年生の美代子先輩、そうなんだ、美代子先輩だ、きっとそうだ。
「だれだか、わかったのかな、そうだねぇ、そうだよ」
縛られて、お股をひろげられて、恥ずかしいところがばっちし写っているお写真。
由佳、木村教授に、美代子先輩のお写真を見せられて、卒倒してしまいそう。
「ああ、やっぱり、やっぱり、うわさのとおり、なんですね」
「大島くん、驚いた顔、素敵だね、その素質があるんでしょ?!」
「はぁああ、そんなの、ありませんよぉ、せんせ」
お顔が、紅潮してきて、由佳、おからだが火照ってきて、ぽ~っとなっちゃう。
「じゃあ、もういちど、あの部屋、剝き身部屋って呼んでるんだけど、そこへ」
研究室の窓は、外の大きな樹の葉で隠れているけど、木漏れ日が入ってきます。
その一角、研究室から見れば試着室のような、なかは奇妙な空間、剝き身部屋。
「さあ、由佳、そのお部屋で、待っていなさい」
いわれるままに、由佳、ふたたび剝き身部屋へ入ってしまったのです。

-15-
剝き身部屋は二畳ほどの広さ、三つの板壁は、大きな鏡、ビデオモニター、風神雷神図。
入口はドア、鍵が掛けられてしまうと、密室、ドアの上部は鉄格子の窓です。
風神雷神の模写壁には、手作り性具や、大人の玩具が、ぶら下げられたりしています。
縄の束は細長いテーブルに置かれていて、トランクが、由佳の羞恥心が擽られます。
「いいでしょ、大島由佳くん、いいや、もう、由佳って呼ぶよ、由佳」
木村教授はまだ30代の後半で、若くして文学部の教授に就任されて、論壇の寵児です。
「ほら、由佳は、ここで、硬いからだをほぐして、柔らかいからだをつくるんだよ」
「それは、ヨガとか、わたし、やってますけど」
「そうだね、もっと、いまのじだいは、えろちっく、だよ」
「えろちっくっていいますと、どゆこと、ですか」
「つまり、エロチックは、エロスとカロス、性と美、かなぁ」
「ああ、せんせ、だめですよ、手なんか握っちゃあ、ああっ」
「スキンシップ、手を握る、感じるでしょ、なんかしら、感じちゃうでしょ」
由佳は、タンクトップに短パンです、手首を括られてしまって、引き上げられます。
「ほうら、こうして、由佳、いいだろ、吊ってあげよう、だろ」
手首を括った紐が頭の上に渡されている鉄棒を越えさせて、手元に戻されます。
「ああ、せんせ、これは、あかんですよぉ、こんなの、だめですぅ」
手を頭のうえに引き上げられた格好で、降ろせなくなってしまって、由佳、うろたえます。
由佳は二十歳になったばかりの大学二年生、男子学生にはアイドル的存在です。
そういえば美代子先輩も、抜けるような美女、憂いある表情で、由佳だってファンです。
「美代子は、この剝き身部屋の出身だよ、だから、素敵な女性だろ」
「はぁああ、美代子先輩が、そうですかぁ」
「由佳、ここでたっぷり、美しくなって、壇蜜くんみたいになりなさい」
タンクトップに短パン姿の由佳、手を頭上にあげたまま、木村教授のお触りです。

このページのトップヘ