羞恥部屋

アダルト小説と昭和レトロなエロ画集です。

1200sex170813111
-13-
学校では男子のアイドル、恋人にしたい女子ナンバーワンの大島由佳です。
その由佳が、いま淫ら部屋で開脚Mすがた、鉄棒にお膝と手首を括られています。
省吾にGスポットをまさぐられ、ヒイヒイ泣かされ、おちんぽを挿入されたところです。
「あああん、ひやぁあああん、ひいい、ひいいっ!」
1.6m鉄棒にお膝と手首をひろげられ、括られているMすがた、その真ん中へです。
省吾の大きい亀頭のナマおちんぽが、ぶすっ、ぶすぶすっ、と挿入されてきたんです。
由佳は手と膝を、大きくひろげられて身動きとれない格好で、まったくの無防備です。
「ほおおおっ、ええわぁ、由佳ちゃん、めっちゃ、ええよぉ!」
ぶっすり、勃起おちんぽを挿しこんでしまった省吾が、快感を感じながら呻きます。
素っ裸の由佳、真一にはおっぱいを弄られ、明弘にはお顔を弄られながらです。
ぶすっと挿しこまれた勃起おちんぽ、亀頭まで引き抜かれ、カリ首で膣襞をこすられます。
「ひぃいい、ひやぁああん、ひいい、ひいい」
じんじんに注入されちゃう快感に、由佳、恥も外聞もなくお声をあげて悶えます。
「ええ気持ちやぁ、由佳ちゃんの、おめこでちんぽこすれて、最高だよぉ!」
「気持ちええんやろ、由佳、乳首が起ってきてるぜ、ぴんぴんに!」
「ひぃいいっ、やぁあああん!」
さきには指攻めでGスポットを探し当てられ、ヒイヒイにされていった由佳です。
休むことなく連続で、勃起おちんぽを挿入されて、おからだ快感、呻き悶えます。
淫ら部屋、男子三人に翻弄される由佳、大学二年生、美術クラブ所属の二十歳。
素っ裸にされ、開脚M姿にされている由佳、お尻が豊満あふれ、乳房がぷりぷり。
先輩男子三人が、そんな由佳を弄りたて、性欲を解消させているところです。
「はぁああ、あああん、はぁああ、ああああっ!」
高さ60cmの安楽椅子にお尻を置いた、開脚Mの由佳へ、勃起おちんぽです。
省吾は中腰、お膝をひろげお相撲さんの格好で、勃起のおちんぽ、ぶすぶす。
由佳のおめこからはトロトロの、恥ぃお汁が噴出していて、もうべちゃべちゃです。


1200sx1507030022
-12-
北山にある高級マンションの淫ら部屋、ここに連れ込まれた大島由佳、大学二年生。
美術クラブの先輩男子三人が、アイドル由佳と愛の蜜月関係を、結んでいる最中です。
真一、明弘がおわって、省吾がほんばんまえに、由佳をなぶっているところです。
「ふふん、由佳ちゃん、Gスポット、どこなんやろ?!」
「いやぁああ、ああん、やめて、やめて、お指でなんてぇ」
省吾が膣に挿しいれた、右手の中指がうごめいて、由佳、ぐっと歯をくいしばります。
開脚Mすがた、横幅1.6mの鉄棒にお膝と手首をひろげ括られている由佳は全裸です。
高さ1.2mの横鉄棒に、高さ60cmの安楽椅子に、由佳、背中を着ける格好です。
太ももがひろがり、腕がひろがり、お尻が突き出された格好で、省吾が膣にお指入れです。
「由佳、省吾に指でやれられて、ええ気持ちなんやろ!」
覗きこむように由佳の股間を見ている明弘が、声をだして、由佳に聞こえさせます。
真一は、由佳の横に立っていて、お顔を撫ぜたり、おっぱい撫ぜたり、しています。
真一と明弘は、さきにいっかい、射精しちゃってるから、ちょっと余裕ある感じです。
「ひぃやぁああっ、ああっ、ああっ、ああっ!」
由佳の表情が喜悦なのにけわしくなって、お声が荒い叫びに変わったんです。
「うひひひ、ここやろ、ちょっとザラっとしてる、ここやろ!」
「ひぃやぁあああああああ~~っ、あああ~~っ!」
省吾が由佳のGスポットを探し当てたみたいで、そこをお指の腹でこすります。
じんじんに感じてしまう女の子の急所、クリトリスのキンキンと比べたら、ジンジンです。
お膝をひろげたまま、腕をひろげたまま、お尻をぶりぶり揺すって、悶えている由佳。
「ひやぁああ~~ん、ひぃやぁああっ、ひやぁあああ~~っ!」
膣のまわりをべっちょりに濡らしてしまった由佳が、のたうつ姿を見て、省吾ビンビン。
挿していた中指を一気に抜いて、勃起おちんぽ陰茎を、由佳の股間にあてがいます。
真一と明弘が鉄棒の高さを1.6mに引き上げて、由佳のからだを起こします。
女体が曲がりすぎると膣口から子宮口が曲がるから、おちんぽが挿せないんです。
「ほんなら、由佳ちゃん、いれさせてもらいますぅ、おおっ!」
ナマのままです、亀頭が大きくってカリ首が深い省吾の持ち物、陰茎だって太いです。
ぶすっ、おっきい亀頭が、由佳の濡れそぼったおめこに、挿されてしまいます。

1200sex1704080146
-11-
太ももを開いて真上を向いた由佳の股間に、省吾のお顔が埋められています。
由佳のお尻が持ち上がり、お膝がわき腹の横です。
1.6mの鉄棒に、お膝と手首をひろげて括られ、お尻が突き出されているのです。
恥ずかしい格好、男子のアイドル由佳が、三人の先輩男子から弄られているんです。
「あああん、いやぁああん、いやぁああん!」
股間に埋められた省吾のお顔、舌先が陰唇を割り、ぺろぺろと舐められる由佳。
「うんめぇ、おいしい、うまいよ、由佳のおめこ汁ぅ!」
お顔をあげて舐めた感想を述べて、ふたたび、由佳の股間へ、お顔を落とす省吾。
ぺろぺろ、陰唇の内側を舐め上げ、舐め下げ、膣口の周りが舌先で舐められます。
「いやぁああん、あああん、やめて、やめてぇ!」
ひろげきってしまった股間、その真ん中を男の舌で、舐められている由佳です。
舐められるだけじゃなくて、ああん、省吾が、膣のなかへ息を吹きこむんです。
吹きこまれる感触、由佳、膨らむ圧力を感じて、じじじ~んとしちゃう。
「ああん、ううわぁああん、ひやぁああん」
普段なら可愛くって笑顔の由佳が、いまは喜悦のなかで、お顔を歪ませています。
吹きこんで膣のなかを膨らませられ、お口を離され、空気を抜かれてしまう。
ぶぶぶ、ぶりぶりぶりっ、膣から抜ける空気の音が、洩れ出てきちゃいます。
「ふふふっ、由佳ちゃん、ぶりぶり音立てて、よろこんでるぅ!」
抜かれて、吸われて、舌を入れられ、舐めまわされて、べちゃべちゃにされちゃう。
「がっこうでわ、こんなこと、でけへんよな、やっぱりぃ!」
「まあ、由佳を調教して、ペットにしてしまうんや、セックスペット!」
真上を向いた由佳の股間、その真ん中、膣のなかへ、省吾が指を挿しいれます。
右手の中指一本を、むにゅっと根元まで、挿しこんでしまって、膣襞をこするんです。
お股をひろげきり、身動き取れない由佳には、膣襞こすりは、耐え難い屈辱です。
屈辱だけど、からだの奥が燃えるように感じてくる、女泣かせのお弄られ、です。
「女が喜ぶんだってさぁ、由佳もそうなんやろ、Gスポット、探してやるよ!」
省吾は、勃起おちんぽで由佳をいただく前に、お弄りして、よろこぶ男子なんです。

1200sex1709080147
-10-
明弘の勃起おちんぽでイカされていく由佳、大学二年生美術クラブ所属の才女です。
「ほおおお、いくぜ、いくぜ、いくぜよぉ!」
安楽椅子に開脚M姿の由佳へ、勃起おちんぽ、スキンをつけて中出しする明弘。
発射寸前になって、由佳から引き抜き、素早くスキンをかぶせて、続行です。
「ひぃいい、やぁあああん、ひやぁああん!」
「ええんやろ、由佳ぁ、いっても、ええんやぜぇ!」
ぶすぶす、猛烈スピードで由佳のおめこへ勃起おちんぽを挿し抜きする明弘です。
「ううっ、でる、でる、でるぅ、ううっ!」
ぐっとこらえる感じでお顔をつぶし、猛烈スピードから一気にストップ、ぴしゅんぴしゅん。
由佳、明弘にはスキンをつけられて、膣のなかで精子を放たれてしまった屈辱です。
イキそうになってしまう自分を責め、いけなかった自分を悔やむ気持ちの由佳です。
射精が終わった明弘が、スキンをつけたおちんぽを抜くまでに約1分、静止です。
「いれたまま、おさまるまで、まってるんや、ええやろ」
深呼吸から浅い呼吸にかわっていく明弘、それをうけて開脚M姿のままの由佳。
由佳だって、呼吸が落ちつくまで、ぐったり、力を抜いてしまって、朦朧です。
「ほんなら、省吾、おまえの番だよ、可愛がってやれよ!」
真一に言われたカメラを手にした省吾が、あこがれのアイドル由佳と結ばれるんです。
「いただいちゃうよ、えんりょなく、大島由佳をいただきますぅ!」
手足をひろげて頭上の鉄棒に、括ってある由佳が、座っている安楽椅子を調整します。
安楽椅子をもっと手前に移動させ、鉄棒の高さを一段下げると、お尻が突き出る由佳。
背中の下半分からお尻が持ち上がり、股間が真上を向く格好にされてしまう由佳。
手首とお膝を1.6mにひろげさせられる由佳、窮屈、お尻が盛り上がったまま、です。
「ええやろ、この格好、めっちゃエロいやろ、女が最高によろこぶ、ってさ!」
真上を向いた股間へ、どうして勃起させたおちんぽを挿しこむのか、これって問題。
男がおおいかぶさって、真上から真下へ、突き刺し引き抜くんだと書いてあります。
でも、無理です、膣口が上向いて、膣が歪曲しているから。
曲がった膣にまっすぐな勃起おちんぽ、その奥に子宮口、入れるわけがないんです。
「だから、ちんぽ、いれるときにゃ、お尻を降ろさせる、おまんこ正面向きだよ」
真上になった股間へ、省吾がお顔を当て込んで、濡れそぼった由佳を啜るんです。


1200sex1705080040
-9-
高さ1.2m、横幅1.6mの鉄棒枠のしたに素っ裸、安楽椅子に座らされている由佳。
横幅1.6mの鉄棒の両端に、鉄の輪が取り付けてあり、手首とお膝が括られています。
お股をひらいたまま、胸もひらいたまま、正面から見る由佳は開脚Mの格好です。
開脚M由佳の正面から、勃起させたおちんぽを、ぶすぶすと挿す明弘。
ひいひいと感じてしまう由佳は、大学二年生、男子たちのアイドルなんです。
「おおおっ、ええよぉ、由佳、めっちゃ、ええよぉ!」
「ああああっ、あああん、あああん、ああああっ!」
そのアイドル存在の由佳が、裸にされて、おめこをされて、調教されていくんです。
ぶすぶすと、腰をおとして、勃起おちんぽを、由佳のおめこに挿して抜く明弘。
挿される由佳、どすんどすんと快楽を、うち込まれてくるから、喜悦の声です。
嫌がっていた由佳が、いつの間にかおちんぽ挿入受け入れて、感じだしているんです。
「ほうら、由佳、ええ気持ちなんやろ、感じたらええんやぜ!」
横から真一が、安楽椅子に座らせて開脚M姿に拘束した由佳に、声をかけます。
「ひやぁああん、ひぃいい、ひぃやぁああん!」
「明弘、突いて、突いて、突きまくってやれ!」
「がってん、わかったよ、突きまくってやるぜ!」
正面から明弘が、腰を前へ後ろへ、勃起おちんぽ挿して抜いて、ぶすぶすです。
真一は安楽椅子のうしろから、由佳の胸へ手をまわし、乳房を揺すり、乳首を揉みます。
省吾はカメラで、由佳を克明に録画して、動画を撮って、お写真も撮っていきます。
ここは大きな声をあげても外には洩れない、高級マンションの淫ら部屋です。
大学内では可愛いアイドル、文学部二年生の大島由佳、先輩男子に弄られています。
「ひぃいい、ひぃいい、ひぃいい、いいっ!」
明弘に突かれている由佳、ひいひいとお声を洩らして、快楽の中です。
由佳のおめこを突きまくっても、ぐっとこらえて射精させない長持ちできる明弘。
「ええやろ、由佳、おれのちんぽ、だれでも泣くんだぜ、ヒイヒイってさ!」
ぶすぶす、一秒間に一回以上、二回未満のスピードが一秒に二回以上になります。
スピードがあがってくると、開脚M姿にされている由佳、もう、昇るしかありません。
べちゃべちゃ、ぬるぬる、由佳の性器は濡れまくっていて、股間の花は満開です。


1200sx1607230013
-8-
真一が運転する白いレクサスに乗せられてドライブしたあとに、こんなことになるなんて。
北山の高級マンション、淫ら部屋、素っ裸で安楽椅子に座って股間をひろげる由佳。
明弘が、由佳の股間の真ん中の、縦割れになった陰唇の、ひろげてなかを剝き出します。
「ふふっ、由佳、剝き出してやるよ、クリトリス」
陰唇の先っちょの皮に包まれている陰核、クリトリス、これを剥きだされちゃうんです。
「ひぃやぁああん、やめて、やめてくださいよぉ、あああん」
高さ1.2m、横幅1.6mの鉄棒両端の鉄輪に、ベルトで括られひろげた手と膝です。
お股の真ん中が斜め上向きになっていて、恥ずかしい処が、丸出し状態。
「ほうら、剝かれて出てきた、クリトリス、可愛い豆、半透明のピンクだよ」
由佳、もう卒倒してしまいそうなほどに、目の前がくらくら、ぽ~っとなってきます。
恥ずかしい、剝かれて見られているぅ、そのことを知るだけで、めっちゃ恥ずかしい。
「ふふふふふふっ、いいねぇ、かわいいクリトリス、それにおめこぉ」
明弘は、由佳の羞恥心を無視、こんどはお指の腹で、陰唇の谷間を撫ぜちゃいます。
クリトリスのところから、膣口のしたまで、ピンクの谷間を撫ぜおろします。
「いやぁああん、いやぁあああああん、ひぃいいいっ!」
膣口をひろげられ、剥きあげられてしまって、奥に続く肉襞を、盛り上げらてしまう由佳。
「濡れてくる、濡れてきちゃって、びちょ、びちょ、由佳、感じてるんやろ!」
太ももが180度にもひろがって、持ち上がっているそのつけ根、真ん中、由佳の性器。
「由佳、おれのちんぽ、入れてやるから、待ってろ!」
立ちあがった明弘、パンツを脱いでしまって、下半身、すっぽん裸になってしまいます。
由佳は開脚M、両膝と両手首が1.6m幅の鉄棒の端に、括られているんです。
もう、オチンポをビンビンに、勃起させている明弘が、由佳と交わるんです。
亀頭を由佳のチツのなかへ、埋め込んで、それから、ぶすっと陰茎を挿しこみます。
「うううっ、ぐぅううううっ、わぁあ、ああっ!」
由佳が、おめこに勃起のオチンポを挿しこまれ、悲鳴のようなお声をあげてしまいます。
「おおおおっ、ええわぁ、めっちゃ」
「ああっ、ひぃやぁあああっ、ああっ!」
「締まる、締まるぜ、由佳ぁ、おめこぉ、締まるぅ、ううっ!」
ぶすぶすっ、無理やり由佳のチツのなかへ勃起おちんぽを挿しこんでしまう明弘です。

このページのトップヘ