えろす噺

アダルト小説と昭和レトロな挿画集です。

1200sex1705010152
-50-
背凭れ椅子に座った玲奈は、上半身を後ろ手に括られ、紐で乳房が絞り上げられた格好です。全裸のからだが、男たちの目の前で、揺らめきます。八畳洋間の調教部屋、玲奈の正面に、パイプの丸椅子に座った町田晴樹は、ブリーフだけを穿いています。山中もカメラを持った村山も、身につけているのはブリーフだけです。なぜか男は全裸にならない。全裸になるのは玲奈と交わるときだけです。
「うっふふ、玲奈、かわいいな、目線はこっちだ」
上半身後ろ手縛りされ、乳房亀甲縛りされた二十歳の玲奈。背凭れ椅子に座って、うつむいている裸玲奈に町田が顔をあげろというのです。
「そうだろうな、恥ずかしいのかい、哲夫、顔をまえに向かせろ」
山中哲夫が背凭れ椅子の後ろにまわります。哲夫が、玲奈の頭と顎に手を置いて、上向かせてしまいます。
「ああん、いやぁああん、あっ、いやぁん」
「うっふふ、やっぱり、かわいいな、玲奈、泣いても、かわいいんだね」
町田は、玲奈に声をかけながら、哲夫に目線をむけて合図をします。哲夫は、玲奈の後ろにまわったまま、次の動作にはいります。
「ああっ、なにするん、ああ、ああっ」
後ろにいる哲夫が、玲奈の右膝をもちあげ、足のかかとを座部に載せ、四重にした紐を、玲奈のあげられた右膝に巻きだしたのです。巻かれて紐の残りが引き上げられ、背凭れの肩の横に括られたのです。
「ああん、いやぁああ、いやああん、ああっ」
右の膝があげられると、次には左膝に紐が巻かれ、引き上げられ、背凭れの肩の横に括られます。
「おおっ、おおっ、玲奈、いい格好だ、うっふふ、丸出しだな、男が喜ぶ丸出しだ」
「ああん、いやぁああん、こんなの、ああ、だめ、だめですぅ」
正面から、町田が目線をしっかり、自分のからだに当てられているのがわかって、玲奈が太腿を閉じようともがきます。玲奈が、顔を赤らめ、羞恥心に見舞われているのがわかります。
「恥ずかしいのか、玲奈、うっふふ、哲夫、玲奈を、きっちりと、縛りあげろ」
「ううっ、わぁああっ、ああ、ああっ、だめ、だめぇ」
町田は、まだ背凭れと膝のあいだが空いているから、きっちりと膝を脇腹の横にまで引き上げろとの指示です。二十歳の芸大へ通う可憐な女子が、開脚させられ、性器を丸見えにされてしまうというのです。そのうえ上半身は後ろ手に括られ乳房が絞りだされている格好です。


BlogPaint
-49-
床にうつむいて降ろされた玲奈、腕と足を拘束されていた丸棒がはずされ、仰向きに寝かされます。町田の指一本を膣に挿され弄られた玲奈でした。ぐったり、裸身のちからを抜いて、うっとり、意識朦朧、目を閉じ、観音様のお顔です。
「さあ、玲奈、この椅子に、座れ、さあ」
うっとりのまま目を開け、覗き込む町田の顔を見る玲奈。横に背凭れ椅子が置かれていて、この椅子に座れと言われているんです。全裸のまま、玲奈はゆっくりと立ち上がり、椅子に尻をついて座ります。村山がビデオカメラを手にしていて、玲奈の裸身を撮っています。山中は玲奈に縄をかけるべく、うずうず、待機です。町田は、玲奈から少し離れて、パイプの丸椅子に腰かけています。
「どうだ、好きになってきたんじゃないか、玲奈、おまえはドエム女子だから」
「いやですぅ、わたし、好きじゃ、ないです、好きちゃいます」
裸身の玲奈を、正面から眺めている町田が、その可愛さ、可憐な表情に胸キュンさせます。二十歳の芸術大学生、日本画を勉強しているという玲奈です。栄養士村山が調合する特製ジュースが食事で、裸身がすんなり、バストとヒップが強調されて、プリンプリンな感じ。身体トレーナー山中のマッサージで、柔らかく潤う肌に変化しはじめている玲奈の裸身です。
「さあ、哲夫、玲奈を、縛ってやれ」
玲奈の正面1.5m、丸椅子に座った町田が、女体緊縛を研究している山中哲夫にいいます。玲奈はうなだれ、なされるがままです。
「じゃあ、玲奈を、美しく、縛ってやりますよ」
哲夫は手にした紐の束をほどいて、玲奈を縛りはじめます。
「後ろで括る、玲奈、からだ前かがみにして、手は後ろだ」
「はぁああ、ああっ、ああん」
気持ちを動揺させる玲奈が、肩を揺すってしまって、手を後ろへまわします。山中が玲奈の手首を重ね、括ってしまいます。
「ああん、ううっ、ふううっ、あっ、あっ、ああっ」
手首を括られ、背中で引き上げられ、紐が裸身の前へまわされてきた玲奈。一重、二重とまわされ、乳房の上と下に巻かれていきます。巻かれ終わった残りの紐が肩からおろされ、乳房と乳房の間で横紐をくくって絞められます。腕と横腹の間にも紐が通され、乳房が絞りあげられます。
「あっ、はっ、あっ、ああっ、はぁああっ」
玲奈が、のぼせて、上気していく甘味な声を洩らしだします。町田は、正面から、玲奈の表情が喜悦に満ちていく表情に変わっていくことを、確認します。
「もう、感じだしてるんだな、玲奈、かわいい子だ、縛りがい、あるねぇ」
4K映像でカメラに収録されていく二十歳の芸大生玲奈。八畳洋間の調教部屋。狭いといえば狭い部屋ですが、アコーディオンカーテンを開くと、縦長八畳間三つ、24畳敷きの実演スタジオになる広さです。


1200sx1606160003
-48-
調教部屋の天井から降ろされた鉄の吊り輪に、足をひろげて括った丸棒の、両端からの紐が通されて、引き上げられてしまった玲奈です。腕をひろげて括られた丸棒の、両端からの紐も通されている吊り輪です。玲奈の裸身が、腕をひろげ、足をひろげて、床とは水平、高さは150㎝です。
「ああん、いやぁあ、ああん、いたい、痛いよぉ」
四本の紐がまとめられ、一つになってて地の吊り輪に括られているのです。
「うっふふ、いい格好だ、少しは、我慢しろ、ころしはしない」
二本の丸棒に、手足をひろげて括られ、150㎝の高さ、床とは水平に吊られてしまった玲奈。からだの重みで括られている腕と足が痛むのです。垂れさがる腹部、反り返る二十歳の裸身を、町田が弄りだします。
「ほうら、顔をあげろ、玲奈、顔をあげてやろう」
首が垂れ、顔が下向いてしまう玲奈の顔を持ちあげたアラフォーの町田晴樹。玲奈の顔が前向きです。山中哲夫が手にした紐を玲奈の唇を割って、猿轡にして咬ませます。
「ううっ、うう、うう、ううっ」
咬まされた紐が頭後ろで結ばれ、背負った丸棒に括られてしまう玲奈。顔が前向いたままになります。
「ふふっ、少しは手荒くしてやるのは、今後のためだ、いいな」
二十歳の芸大生、柔軟な身体だとはいえ、玲奈の苦痛はじんじんと手足のしびれに変わっていきます。
「いい格好だ、さて、さて、玲奈、どうだ、辛いか」
「ううっ、うう、ぐう、ううっ」
紐で唇を割られて引っ張られ、顔をあげた玲奈の頬を、正面から町田が挟んでいます。玲奈が苦し気な表情になっているのを楽しむ町田です。
「ううぐう、ううううっ、ううううっ」
町田が、左手で玲奈の歪む顔を弄りながら、右手で乳房を下から揉みだし、乳首を揉んでいきます。
「ううううっ、ううっ、ううっ、ううううっ」
苦しそうな表情の玲奈を、村山がビデオカメラで撮っていきます。町田は、乳房をまさぐっていた右手を、玲奈の股間へ移します。玲奈を大の字にして吊ったまま、股間をまさぐり、膣へは指責めしてやるのです。吊り上げてから五分で、玲奈は床に降ろされます。あと一分、町田が、右手の平を玲奈の陰毛生える恥骨にあてがい、中指を一本、膣へ挿入します。
「おおおん、玲奈、ぐちゅぐちゅじゃないか、お、め、こ、ぉ」
「ううっ、ううううっ、うぐうぐうぐううっ」
きっちり中指の根元まで挿し込まれた玲奈が、もがきます。身動き取れない苦痛のなかで、玲奈の裸身が揺れ動きます。可憐な二十歳の芸大生、呻き悶える玲奈。悶えながら、うつむいたまま床に降ろされた玲奈です。


1200sex1704240098
-47-
160㎝の丸棒に、手首と肘をひろげて括られている全裸の玲奈です。足首は、90㎝ひろげて120㎝丸棒に。括られひろげられた格好です。
「うっふふ、おっぱい、柔らかいな、でも、玲奈、弾力があるんだね」
大の字にされた二十歳の玲奈です。その玲奈の前に立った町田が、両手を伸ばし、玲奈の乳房を裾からすくうようにして揺すりあげるんです。玲奈が、顔をあからめ、呻く声を洩らし、羞恥の気持ちを露わにします。
「ふふ、いい身体になってきたな、お尻も、たぷたぷ」
「ひゃああ、ああん、ああん、やめてください、いいっ」
町田の左手で、乳房が揺すられながら、右手でお尻を撫ぜられる玲奈。手をひろで足をひろげた格好で、町田の手から逃れようと身をくねらせます。ここは大原の大きな屋敷の一角に建てられた羞恥の館のなかの調教部屋です。広瀬玲奈、芸術大学二年生、二十歳のからだ、裸にされて、ひろげられ、隅々まで、弄られるんです。
「ふふん、見てあげるよ、玲奈の身体の隅々まで、たっぷり観察してやるからね」
玲奈のからだを弄るのは、アラフォーで社長の町田晴樹です。山中哲夫が、弄りの手伝いをします。それから村山徹は、カメラマンです。玲奈の羞恥姿を写真に撮って、動画で撮って、アダルト作品に仕上げるのです。
「はぁあ、いやぁあん、はぁああ、ああん」
いきなり、町田が、玲奈の股間を、右の手の平に包んで、揉みほぐしだしたのです。
「ほうら、玲奈、ほうら、うっふふ、柔らかいな、濡らすんだよ、いいな」
陰唇の外側つけ根から手の中に包み込み、揉みほぐしてやるのです。玲奈は、足元を90㎝にもひろげた格好で、揉みほぐされだしても、股間を閉じることも、町田の手を払うこともできないのです。
「ああん、いやぁああん、ああん、ああん」
「いいんだろ、モミモミ、うっふふ、陰唇どうしのこすりあい、感じるんだってね、女の子」
ニタニタ顔のアラフォー男、町田晴樹が、二十歳の芸大生玲奈の股間を、手の中にいれて揉んでいるんです。可憐な玲奈の羞恥顔、それに呻き洩らす声。町田は玲奈がする身体の反応に、腰のモノをビンビンにしてしまうのです。
「哲夫、玲奈の足棒を、吊りあげろ」
町田の指示で、玲奈の足をひろげて括った丸棒の両端に紐が巻かれます。その紐が天井から降りる鉄の吊り輪に留められます。鉄の吊り輪は、腕をひろげて括った丸棒の紐を留めた吊り輪です。紐が引き上げられると、玲奈の足を括った丸棒が持ち上がります。持ち上がるといっしょに、玲奈のひろげられた足が、床から持ちあがってしまいます。
「ひやぁああ、ああん、ひやぁああん」
腕から腹部が垂れ、お尻から足が持ち上がり、玲奈の裸体が反り返ります。



1200sex1703130114
-46-
<調教部屋の玲奈>
大原の山裾に500坪の庭がある和風の屋敷、その離れに作られた二階建ての洋館二階は、スタジオ兼エロスショーを鑑賞する16畳の部屋と、カーテンで仕切られた八畳の調教部屋があります。調教部屋の奥には四畳半の監禁部屋があります。ここへ連れてこられた広瀬玲奈は、監禁されながら男たちにレイプを繰り返され、ショーの女として調教されているところです。
「はぁあ、わたし、もう、もう、堪忍してください」
檻から出され、調教部屋に連れてこられた玲奈が、三人の男に囲まれたなかで、胸を抱えて細々と言葉を紡ぎます。玲奈は、芸術大学の二年生、コンビニでアルバイトをしていた二十歳の女子でした。ここのリーダー町田晴樹にドライブに誘われ、そのままここへ連れてこられて、監禁されてしまったのです。
「うっふふ、もう、柔らかくなった、玲奈、からだの感度もよくなった、そうだろ」
「はぁあ、わたし、学校へ、行かせてください、ここのこと、内緒にしますから」
玲奈は全裸です。赤い首輪をつけられ、3mのロープを垂らしただけの全裸です。
「うっふふ、哲夫、玲奈の手をひろげさせて括れ」
にたにた、玲奈の申し出を無視して、山中に玲奈を拘束させるのです。天井から降ろした160㎝長さの丸棒に手をひろげさせて、括らせます。村山徹が玲奈のからだを支えます。手首を丸棒に括られる玲奈。右の手首が括られ、左の手首が括られます。腕をひろげた格好になる玲奈です。乳房を隠すことも、陰毛に手の平を置くこともできない十の字です。首輪がはずされます。全くの全裸です。
「ああっ、いやぁああん、あああん」
肘にまわされた紐が丸棒に括られ、長さ160㎝の丸棒を背負う格好になってしまった玲奈です。
「整ったプロポーションになってきたな、玲奈、でも、まだ二十歳なんだ」
「そうですよ、大学二年生、ぴちぴち、柔らかい餅肌、よだれが出ちゃいますよ」
「こんなに見事なからだ、さすが身体トレーナーの哲夫には、敬服だな」
「いやぁああ、玲奈は、もとがいい女子なんですよ、乳房なんて抜群でしょ」
「そうだな、あそこの締まりも抜群だしな、いい玉だな」
調教部屋と呼ばれる八畳の洋間です。全裸で腕を横にひろげると、乳房が持ち上がります、ぷっくら、ツンと突き出た乳首です。豊満ではないけれど、初々しい感じの乳房です。
「ああん、いやぁあ、ああん」
「足もひろげて括ってやれ」
腕をひろげた十の格好になっている裸の玲奈を、足をひろげ、大の格好にしてしまえというのです。
「うっふふ、きっちり、写真に撮って、アルバムにしなきゃ、なっ」
村山徹がデジタルカメラを持って、玲奈の正面から写真に撮っていきます。身体トレーナーの山中哲夫が、別に120㎝の丸棒を床におきます。足首を左右にひろげるのは90㎝です。丸棒の両端から15㎝内側で括ってしまうのです。
「ほうら、足をひろげろ、玲奈、ほうら」
「ああん、いや、いや、ああん、いやですぅ」
もう自由を失った玲奈が、抵抗するのですが、上半身は腕をひろげて吊られた格好です。難なく足首をひろげられ、90㎝にもひろげられ、括られてしまったのです。
「ほうら、玲奈、いい格好になった、弄って欲しい、そうだろ、うっふふ」
町田晴樹が、全裸で大の姿になった玲奈から50㎝ほど離れて立ちます。町田の手が、玲奈の乳房をまさぐりだします。
「ううっ、あっ、あっ、ああん」
腕をひろれて立ったまま、腕を括った丸棒は天上からのブランコです。もちろん玲奈を吊り上げることができます。




このページのトップヘ