えろす噺

アダルト小説と昭和レトロな挿画集です。

1200sex1703180020
-45-
開脚M姿のまま長椅子ベッドに仰向いた玲奈を抱きかかえた哲夫。腰を玲奈の股間に密着させた哲夫のチンポは、ぶっすり、根元まで、玲奈の膣に挿しこまれたままです。
「ああん、ひやぁああん、ひぃいい、ひぃいいっ」
「うっふふ、玲奈、いいねぇ、いい感じ、めっちゃいい気持だよ」
「はぁああ、ああん、ひぃやぁああ、ああん」
「いいね、おお、おおっ、でそうだ、ううっ」
開脚M姿の玲奈を、背中から抱えたまま、腰を左右に揺すり前後に動かす哲夫が、射精をもよおしてきたのです。玲奈の膣からは、とろとろ、愛の蜜がながれだしてきています。ヌルヌルの膣のなか、哲夫の勃起チンポが挿されて押し込められ、ぐいぐい、亀頭の先で膣の奥を突くんです。
「ひぃいいっ、ひぃいいっ、ああ、ああ、だめ、だめ」
「おおおっ、出る、出る、ううううっ」
「ひゃあ、ああん、ひぃいいっ、ああ、ああ、いく、いくぅ、ううっ」
二十歳の玲奈、これまでにはなかったような快感で、アクメを迎えていきます。
「ううっ、おお、おおっ、ううううっ」
ぴしゅん、ぴしゅん、哲夫の射精が膣内ではじまってチンポがピクンピクンと痙攣です。玲奈には、その衝撃が爆弾でずんずんからだのなかに沁み込んで、ひろがりアクメに昇っていきます。
「ああ、ああ、ひぃいい、いいいい~~!」
玲奈は、開脚M姿のままアクメを迎えてしまって、哲夫のチンポは抜かれても、ぐったり、仰向いたままです。拡げられたままの股間、縦にはしる陰唇は開いたまま、玲奈の蜜と混ざった白濁のスペルマが流れ出してきます。
「はぁああ、ああん、ああああん」
二十歳になったばかりの玲奈、拘束されてのセックスで、高いボルテージのアクメを迎えてしまって、ぐったりしてしまって、とろとろ、膝を括った棒がはずされても、膝を閉じることができないんです。
「うっ、ふふっ、玲奈、おれのチンポ、よかったかい」
「ああん、恥ずかしい、わたし、恥ずかしい・・・・」
ここは大原の山裾の大きなお屋敷の一角、洋館の二階、四畳半の監禁部屋です。玲奈は男たちの性的欲求を満たされながら、畳一枚分、裸で檻の中に戻されて、次の出番を待つのです。



1200sx1402190004
-45-
二十歳の可憐な芸大生広瀬玲奈が監禁されてからどれだけの時間が経ったのか、男たちのセックスペットとして飼われているところです。身体トレーナーの山中哲夫が、いま、玲奈を弄って、チンポを挿して、欲求を満たしていくところです。四畳半の監禁部屋、檻の前に置かれた長椅子ベッドに四つん這い、お尻を高く持ち上げられて後ろから、哲夫に抱かれているいるところです。
「ああん、いやぁあああん、ああ、ああ、ああん」
哲夫の指が膣のなかへ入れられて、膣襞を指の腹でこすりだされたのです。お尻を突き上げ、ひろげられた膝が乳房の横です。哲夫の左手は、膝のそとがわから乳房を弄ってやります。右手の中指一本を膣に挿し込み、ヌルヌル襞を丹念に擦ってやるのです。
「うっふふっ、玲奈、膣のなか、ヌルヌルだな、どうだ、ほうら」
中指を根元まで挿し込んだ哲夫が、膣の奥をひろげるように円弧を描きます。そのじんわり刺激を玲奈が漢字て、お尻を振ります、呻きます。
「ああん、ああっ、だめ、だめ、ああっ、ああん」
「ヌルヌルだよ、たっぷり、濡らせば、それだけ、気持ちいいんだ」
「はぁああ、いやぁ、ああん、あっ、あっ」
「気持ちいいだけじゃなくて、チンポが欲しくなる」
「ああん、チンポ、チンポ」
「そうだろ、指じゃなくて、チンポが欲しいんだろ、玲奈」
「はぁああ、ああん、チンポが、ほ、し、い、で、すぅ、ううっ」
「ふふふふ、そうだろ、おれのチンポで、こすってやるから、うっふふ」
山中哲夫が、玲奈の体位を変えます。背中のベルトを外してやり、膝をひろげて括った丸棒はそのままで、四つん這いから仰向きに変えてやります。
「ああっ、やまなかせんせ、あっ、あっ、あっあん」
膝をひろげた丸棒を乳房のところにまで持ち上げられて、玲奈のからだが二つ折り。股間がひろがったままです。お尻からうえへ持ち上がった股間。丸棒の真ん中にベルトを巻いてそのベルトは玲奈の背中へ、リュックサックを前に担ぐ格好で、開脚M姿のされてしまいます。そうして、ふたたび、玲奈は、山中のなかに堕ちます。
「ほうら、玲奈、おれのチンポ、入れてやるから、なっ」
長椅子ベッドに仰向いた玲奈を、抱き起こす山中哲夫。開脚M姿の玲奈を起こし、膣にチンポを挿しこんでやります。
「ひやぁああ、ひやぁああん、ああっ、ひぃいいっ」
正面に向き合った可憐な芸大生の玲奈と身体トレーナーの山中哲夫。お尻の芯だけを、ベッドに着かせた玲奈の股へ、チンポを挿しこんでしまったのです。
「ほうら、玲奈、うっふふ、いいだろ、おれのチンポ、うっふふっ」
お尻の芯だけベッドに着いた玲奈は、開脚M姿です。
「ああっ、はぁああっ、ひぃいいっ、ひぃいいっ」
玲奈の顔が軋みます。からだをひろげられたまま、膝を閉じることができないまま、目の前の哲夫の操縦で、玲奈の裸体は右へ、ねじりまわされ、左へ、ねじりまわされるのです。玲奈は、哲夫の勃起したチンポを膣に挿したまま、左右に動かされ、挿し抜きされているのです。


120sx1403130087
-43-
うつむいて太腿を八の格好でお尻を高く持ち上げる玲奈の後ろには、身体トレーナーの哲夫が座っています。哲夫の目の前には、玲奈の股間が突き出されてあります。膝と膝の間には、50㎝の棒がかませてあるから股は閉じられない玲奈です。
「じゃあ、玲奈、からだを、なぶってやるから、よろこべよ」
哲夫は、左右の手の平をお尻にぴったしくっつけて、たぷたぷの部分を揺するんです。
「うっふふ、玲奈、たぷんたぷん、肉付きいいんだな、お尻」
「ああん、いやぁああん、、ああん、ああん」
「ここは、どうだ、唇、閉じたままじゃ、わかんない」
お尻をたぷたぷ揺すっていた手を、太腿のつけ根の内側に、当ててしまう哲夫。玲奈の股間の縦割れの、陰唇を、左右にひろげてしまいます。
「うっふふっ、玲奈、きれいな、ピンクだね、なめてやろうか」
お尻を突き上げ、太腿をひろげた玲奈です。長椅子ベッドに腕を伏せ、顔を埋めた格好で、ベッドからのベルトを、脇腹から背中にまわされ、起こせない。
「ああん、こんな格好、背中のベルトを、はずして、ほしい」
うつむいた玲奈は、肩から背中が持ち上がらないから、窮屈です。もちろんお尻だって降ろせないから、窮屈です。それよりも膝を括った丸棒を、乳房の下にまで押し込められて、お尻は突きあがるばかりなのです。
「ああん、あああん、いやぁああん」
哲夫が、顔を、玲奈の股間に、当てつけて、唇を、玲奈の縦割れ唇にくっつけられたのです。と同時に哲夫は、左右の手の平を、玲奈の、下向いた乳房に当てて、包んだのです。
「ううっ、玲奈、股とおっぱい、いっしょに、なぶってやるから、うっふふん」
玲奈、高く突きあがる格好のお尻の真ん中に顔を当てられ、垂れているとはいってもぷっくらのまま乳房を、手の中に収められ、柔らかい刺激を与えられてしまうのです。
「ああん、いやぁああん、ああっ、ああん、ああっ」
哲夫の唇が縦割れ陰唇を左右にひろげ、舌先で膣前庭、陰核のところから膣口までを、なめなめします。哲夫の手の平に包まれる乳房は、乳首が指に挟まれ、揺すられながら絞められるのです。
「ああん、いやぁああ、ああん、あああん」
四畳半の監禁部屋、鉄格子の檻の前です。長椅子ベッドにうつむかされ、裸体を折るようにして臀部を高く突きあげた玲奈。恥部をやんわりと、男の手と唇と舌で、そのうち奥まで弄られてしまう広瀬玲奈、二十歳の可憐な芸大生です。




1200sex1704240144
-42-
縦160㎝横50㎝高さ80㎝の長椅子ベッドに仰向いて寝そべっている玲奈を、マッサージしていく身体トレーナーの山中哲夫。乳液をたっぷり手の平にすくって、首筋から乳房、臍まわり、太腿のつけ根、太腿、膝、足先へとたっぷりの乳液をぬりこみます。膝を10㎝ひろげられると、恥丘の陰毛を撫ぜた手が、股間へと入れられ、柔らかい唇を揉みほぐされてしまいます。手は伸ばしたまま、手の平は上向きです。
「あっ、あっ、ああっ、はぁああっ」
ヌルヌルにされた乳房と股間を、揉みほぐされる二十歳の芸大生玲奈が、うっとり、柔らかい声を洩らしてきます。乳首をつままれると、玲奈の声が甲高くさえずります。陰唇のそとがわを、根元から揉みほぐされると、膣のなかが、じんわりと濡れてきます。
「うっふふ、玲奈、からだ、起ってきたな、つぎは背中だ、うつむくんだ」
玲奈は、長椅子ベッドのうえ、背中をうえにして、寝そべります。山中は、やはり手の平に乳液をすくって、首の後ろから背中へ、臀部へ、太腿へ、ふくらはぎへ、マッサージの要領で、ぬっていきます。
「ああっ、ああっ、はぁああっ」
溜息のような声を、うっすらと漏らしていく玲奈。髪の毛を除いて、白肌のすべてに乳液をぬられた玲奈です。潤いある、光沢する、白い餅肌の玲奈になってしまうのです。
「いいね、玲奈、きれいだよ、とっても、ほうら、尻をあげてみよう」
160㎝✖50㎝の長椅子ベッドにうつむいている玲奈の腰に、山中が腕をいれ、臀部を持ちあがらせます。お尻を持ちあげられ、太腿をひろげられる玲奈。腕を伏せて頭を置いて、顔が下向きです。
「そのままじっとしてろ、じっとだよ」
「ああん、ああっ、ああっ」
山中が、両脇にベルトがつけられた丸棒を、玲奈の膝と膝の前に渡して、括りだしたのです。玲奈が勝手に股間を、閉じられないようにするためです。
「ほうら、もっと、尻を、あげろ、ほうら」
玲奈は、猫が伸びをする格好の背中となって、臀部を持ちあげられます。膝が50㎝、長椅子ベッドの横サイズにぴったし。臀部を持ちあがると、ベッドの右につけられたベルトが、脇腹から背中にまわって脇腹へ、ベッドの左のベルトに留められます。玲奈、お尻を持ちあげ、膝を50㎝にひろげられ、太腿は長椅子ベッドに垂直八の形にされたのです。
「ああん、ああ、ああ、こんなの、あああん、いや、いやっ」
カエルがお尻を持ちあげられて括られ、背伸びするメス猫がお尻を持ちあげられ括られた、そんな恰好で固定されたのです。
「うっふふ、玲奈、楽しませてもらうわ、ここは、おれ、ひとりだよ」
檻の前の長椅子ベッド。二十歳の玲奈が、羞恥の格好でにされたのです。山中が、臀部を持ちあげ、太腿をひろげた全裸玲奈の、高々と突き上げた臀部のまえに座ったのです。


1200sex1703080042
-41-
ガチャガチャっと音がして、マットに毛布をかぶって寝ていた玲奈の目が開きます。檻の扉を封じていた錠が外されたのです。
「玲奈、起きな、起きて、仕事だ」
鉄格子がはめられた畳一枚分の檻の外に、身体トレーナーの山中哲夫が右膝立ての座りで、玲奈に声をかけます。玲奈は、眠っていたのです。どれくらいの時間を眠っていたのか、玲奈にはわかりません。もう夕方です。でも監禁部屋には窓がなく、外の様子がわかりません。
「ああっ、わたし、眠っていたんですね、いま、何時?」
時刻を知ったところで、どうにかなるものではない玲奈ですが、これまでの生活習慣が、時間を気にさせるのです。
「うんうん、もう夜だ、玲奈が仕事を、はじめる時間だよ」
ピンクの毛布を退けると、スケスケ白地のワンピース姿の玲奈です。立てば膝下20㎝のワンピースですが、寝ていたせいで膝が露出し、太腿の半分までが露出です。
「ふんふん、玲奈、かわいいな、可愛い子だ、さあ、檻から出ろ」
鉄格子の右下部につけられた扉からは、四つん這いにならないと出られません。玲奈は言われるままに、檻のそとへでます。四畳半のうち畳一枚分が檻のなかですから、三畳と半畳が檻の外です。三畳の真ん中に160㎝×50㎝の長椅子ベッド、高さは80㎝が置かれています。
「布を脱いで、仰向いて、ここに寝ろ」
身体トレーナーの山中が、玲奈を、この長椅子ベッドに寝かせて、マッサージを施し、乳液を塗ってやるというのです。素敵なプロポーションをつくり、美肌をつくる。男が喜ぶ身体に仕上げられていくプロセスです。ワンピースを脱ぎ、全裸になる二十歳の玲奈。胸もそこそこ、腰が細く、臀部が丸みをもって豊です。この監禁部屋には山中哲夫と玲奈だけです。29才、身体トレーナーの山中には、マッサージを施しながら、玲奈とセックスすることが許されているのです。
「ああ、いいきもち、いい気持ですぅ」
長椅子ベッドに仰向いた玲奈の、胸から腹へ、腹から横腹へ、手の平に美容乳液をまぶしながら、マッサージを施している山中です。玲奈の足は閉じられたままです。恥丘に生える陰毛が、山中の情欲がそそってきます。
「ああん、そこ、ああ、ああん」
太腿の根元から膝までを、マッサージされはじめて、玲奈のちいさな声が洩れてきます。閉じられた太腿の内側へ、山中の手が入れられます。陰毛が生える恥丘から降ろされる山中の左右の手の平。微妙に、玲奈の股間の柔らか部分を触ってやると、玲奈が柔らかく反応してくるのです。
「はぁあ、ああっ、はっ、はっ、はぁああっ」
膝と膝の間を10㎝ほどひろげさせられた玲奈。山中の手が、股間をまさぐってきたのです。股間全部、右手の平を玲奈の尻の窪みから恥丘までにかぶせて、揉みほぐすのです。その時に山中の左手は、玲奈の乳房を左右相互に、揉んでやるのです。乳液をぬられて、股間と乳房をなぶられていく玲奈なのです。




1200sex1704240143
-40-
<飼育される玲奈>
朝から三人の男の相手をした二十歳の玲奈。もう腰が立たないくらいになってしまって、ぐったりです。八畳の調教部屋から運び出され、四畳半の監禁部屋へ戻されます。首に赤いベルトがまかれただけ、全裸のままです。監禁部屋へ栄養士の村山徹が、よろける玲奈をみちびき、檻の中へ収納します。村山が玲奈の飼育係です。
「もう、娑婆でのことは、忘れろ、ここで生活するんだ、いいな」
「ええっ?、ここで、せいかつ、するんですか、わたし、どうして?」
「玲奈、おまえの運命だ、ここで、たっぷりと、仕込んでやるから、いいねっ」
「しこんでやるって、どういうことですかぁ」
「身も心も女として、おれたちへの奉仕と、作品制作と、それに実演だよ」
「わたし、学生です、そんなこと、してられないんですが」
玲奈は、なにがなんだか、おびえてしまう気持ちで、窓が封印された檻の中で、村山の言葉には逆らいません。
「ふふっ、大学へは休学届を出しておいた、バイト先へは辞めるといっておいた」
「もう、玲奈は、ここで飼われて、男どもをよろこばせる、いや、女もだ」
畳一枚分の檻の中で、玲奈は自由です。首輪も外してもらえて、スケスケだけど白地のネグリジェ的なワンピースを着させてもらえます。
「栄養管理は、おれがする、美肌の管理は山中だ、町田の師匠は、監督だ」
檻の中に入れられた玲奈に、村山徹が栄養ジュースを渡します。昼の食事、流動食で消化を良くさせ、体調を整わされるのです。責められて、吐くことがないように、特別メニューなのです。それにたっぷりの水が与えられ、からだのなかを洗浄する目的です。
「はぁああ、ジュース、甘い、美味しい、おいしいですぅ」
玲奈は檻のなかで女座りで、ジュースの入ったコップを手にして、ごくんごくんと飲み干します。飲み干したあとには、水をコップに二杯飲みます。
「ふふん、じゃ、おれ、そとにでるから、ゆっくり休め」
檻の中にはティッシュボックスとオマル、それに桃色毛布があるだけです。照明は薄暗くしてあるけれど、音楽はクラシック、ポップ、ジャズとチャンネルがあって、玲奈は、ピアノの音楽にしてもらいます。
<ああ、わたし、わたしって、なんなんやろ、どうして、こんなところに>
たった一人になった四畳半のアンティークな洋間。鉄格子の檻にはマットレスが敷かれ、毛布をかぶれば眠れます。恐怖におののく気持ちもやわらぎ、平穏とはいえないけれど、ショパンの音楽でこころがなごみます。




このページのトップヘ