羞恥部屋

アダルト小説と昭和レトロなエロ画集です。

1200sx1405140041
-8-
緊縛で開脚Мすがたの真衣をお写真に撮り終えられた木村准教授は、おまんこへふたたび勃起おちんぽの挿入です。
「じゃあ、真衣、ふふん、入れてやるよ」
「はぁああ、先生、いれて、いれて」
真衣のとろんとした表情がふっと光ります。肘掛椅子に太ももを広げてのせた真衣。正面にお座りの木村先生が、真衣のわき腹から腕をいれ、背中から抱かれます。
「いれてあげるよ、真衣、ぼくのちんぽ、好きだろ」
「はぁああ、先生、そんなことぉ」
座部のへりに足をひろげてお尻を置かれ、勃起おちんぽを真衣の膣に挿し込まれるんです。
「ううっ、ほうら、おおおおっ」
「ああっ、あああん、先生」
「おおっ、真衣、入って、いくぞ、おおおっ」
「はぁあああ、ああ、ああっ」
緊縛姿で抱きしめられた真衣のお顔が仰向いて、お口から快感の甲高いため息が洩れます。気持ちいい、めっちゃうずうず気持ちいい。大学二回生、二十歳になったばかりの真衣は、からだの内側を盛りあがらせてとろとろになってしまうのです。
「おおっ、おおっ」
抱きしめた真衣のおまんこに、ぶすっ、ぶすぶすっ、勃起おちんぽを挿し込まれる35歳の独身木村先生。濡れた真衣の膣の中、ぶすぶすと、勃起させたおちんぽの、亀頭から陰茎を密着させてこすられます。とろとろお蜜が絡まって、じんじんなおまんこ感触に木村先生、射精の気持ちをもよおされます。
「おおっ、おおっ、真衣、真衣、いいねぇ」
「ああっ、ああっ、ああん、先生ぇ」
「真衣だって、ぐっとからだを突き出す格好、勃起のおちんぽを、膣にぐいぐい挿し込まれ、抜かれ、挿される摩擦の刺激に、ぐんぐんアクメにのぼっていきます。
「ほうら、真衣、いい、いいねぇ」
「はぁああ、いい、いい、いいですぅ」
「いいか、真衣、ちんぽ、いいか、ほうら」
「ああっ、ひぃいい、ひぃいい、いい、いい、いいっ」
「おおおおおっ、このまま、このままで、おおおおっ」
射精がはじまる直前の木村先生、お顔を軋ませられ、ビンビン、勃起おちんぽを真衣の膨れあがった膣なかへ、ぐぐぐっと挿し込んだままです。ぐりぐり、ぐいぐい、亀頭を子宮口に押し当て、腰をふり、一気に抜かれ、そのまま一気に挿して、快楽のお声をあげられます。
「おおおおっ、でる、でる、でるぅ、うううっ」
「ああっ、あああっ、ひぃいいっ、ひいい、ひいい、ひいいい~っ」
ぴしゅんぴしゅん、射精の衝撃を膣のなかで感じた真衣が、喜悦のお声を出しちゃいます。おからだが、ぐぐぐぐぐぐっとひろがります。股間がもりあがり、陰唇がめくれあがります。子宮口がひらいて亀頭を受け入れます。淫水が吹きこぼれます、真衣の痙攣です。そうして、真衣、果ててしまう。オーガズムを迎えたあとはぐったりの真衣。でも、すぐに、立ち直ってくる二十歳の真衣です。

-9-
<初体験の真衣>
二十歳になったばかりの真衣が、35歳の独身木村准教授と関係するようになったのは、二回生になった春のこと。桜が満開、祇園の円山公園へお花見にいったあと、いつのまにか誘われ、木屋町のアオイホテルへ連れられてしまったのでした。アオイホテルはラブホテル、男の人と女の人が二人だけになってセックスをする処です。真衣はもちろん初めてです。処女のまま大学生になり、二回生になっていて二十歳。
「はぁあ、先生、こわい、わたし、こわいです」
薄い白ブラウスのボタンを外されだす真衣、イケメン准教授の木村先生に立ったまま、優しく抱かれ、愛撫をうけながら、乳房へと手が入り込んできたんです。
「はじめて?、真衣くん、未経験?、そうなんだ、初めてなんだ」
木村先生は、真衣の白いブラウスを脱がし、スカートはそのままでパンティストッキングを脱がしてしまって、ブラジャーとショーツ、それに紺のスカートを着けたすがたにされたんです。真衣は、今夜こんなことになるとは、思っいませんでした。真衣のインナーは生成りの柔らかいブラとショーツ、ピンク地に可愛い小さな花柄です。
「ああっ、先生、わたし、こわい・・・・」
「大丈夫さ、だれだって経験するんだから、それに、真衣くん、大人だろ」
薄暗い和風のお部屋、大きなダブルベッド、立ったまま抱きあっている真衣と木村先生です。真衣の背中へ、木村先生の左腕がまわされ、軽いキッスをされながら、右手の平で乳房をまさぐられだしています。真衣はもう何もわからないくらいに緊張していて、お声をだしたくてもだせない、ため息のような息を洩らすだけです。
「はぁああっ、先生・・・・、はぁああっ・・・・」
「こわくないよ、やさしくしてあげるから、いいね」
「はぁあ、こわくなんて、ないです・・・・」
「うううん、ベッドへ、いこう・・・・」
真衣にしてみれば後ろになる大きなベッドへ、仰向けに寝るかっこうになって、膝を立て、広げ、膝と膝のあいだへ裸になられた木村先生が正座です。真衣のブラが外され、紺のスカートがめくられ、花柄ショーツが脱がされてしまって、真衣、なされるがまま、身をまかせます。
「ああっ、うううっ、ああっ・・・・」
真衣のからだに痛みが走ります。真衣は表情を軋ませ、硬い痛みをこらえながら、初めての男子受け入れを体験しているのです。処女、真衣は、ほんとうに初めてでした。男の人の勃起したおちんぽを、じっくりと、見ることもできないまま、その夜は、処女を木村先生に捧げたのでした。

-10-
大学の准教授35歳の木村先生と関係してしまった真衣。初めての男のひとのからだ、その感触を、思い出すたびにもう一度してほしいなぁ、と思ってしまうのです。大学二回生、二十歳になったばかりの真衣、処女をうしなってから10日ほどして、木村先生からLINEへメッセージがきて、また、会うことになりました。
「そうなの、もう、会ってもらえないかと思っていたよ」
「ええ、もう、会わないでおこうと思っていました」
「それなのに、来てくれたんだ」
「うん、来ちゃった」
ドトールの二階で、二十歳の真衣は、木村先生と並んで窓際の椅子に座っています。まだ夕方で、暗くなるまで一時間以上ありそう、でも、お食事をしないまま、近くのアオイホテルへといきます。真衣、恥ずかしい気持ちです。男のひととセックスするなんて、人に知れたらと思うと、恥ずかしさがこみ上げてきます。でも、セックスのことを思うと、あたまがぽ~となってきて、うずうずってなってきたりするんです。
「うううん、先生、恥ずかしいから、見ちゃ、いや・・・・」
まだお洋服を着たままで、1㍍ほど離れていて、じっと見つめられて、真衣、とっても意識しちゃう。じ~んと木村先生の目線がからだのなかに染みこんでくる感じです。抱かれます。木村先生に引き寄せられ、無言で抱かれます。
「はぁああ・・・・・・」
小さな、小さな、真衣の息する音に、ため声が混じります。キッスされちゃう。唇をふさがれ、舌を入れられてきて、真衣、ぬるぬるの軟体を舌先に感じてしまう。目を閉じます。ブルーのセーターの下はタンクトップですけど、木村先生の右の手が、したからいれられ、ああ、肌を触られて、ああ、乳房を触られてしまいます。
「ううううっ、ふうううう・・・・・・」
木村先生の鼻からの息する音が、真衣の耳に入ります。わけのわからない感じがしてきて、真衣、目をつむったまま、手を導かれ、木村先生の腰から突き出た、おちんぽを、握らされてしまいます。
「いいんだろ、真衣くん、フェラチオ」
「はぁああ、先生・・・・・・」
立ったままの木村先生、ズボンを降ろされ、真衣は床にお尻をぺたんとついて、女すわりに座らせててしまって、木村先生が紺のブリーフを太ももの根元まで降ろされたのを、見てしまいます。
「ああっ、ああああっ」
真衣、びゅんと起ちあがったおちんぽを、目の前に見てしまって、ドキッとびっくり、こんなの間近で見るの、初めてです。



1200sex1705070170
-5-
大学二回生、二十歳おの真衣はおちんぽを、おまんこに挿し込まれたままお悶えするんです。木村准教授の精力は逞しく、二時間連続で3回も射精させるんです。そのあいだ真衣は5回から6回もアクメを迎えさせてもらえて、くたくたになっちゃうけど、とっても満足な気持ちに満たされます。
「ほうら、真衣、どうや、真衣、いいでしょ、真衣!」
真衣は正面から紐で絞り上げられた乳房の先っちょ、ツンツンに立った乳首を左右それぞれ、別々につままれ、揉み揉みされていくんです。
「はぁああん、ひぃやぁああん、先生ぇ」
びりびりと、真衣の乳首からおなかの奥へ、刺激が伝わってきます。真衣のお顔が軋みます。うわずったお声が洩れてきます。
「いい、いい、あああん」
「たっぷり、楽しもうね、まだ真昼間だもんね」
「ああっ、あああっ、先生、もっともっとぉ」
「ふんふん、もっともっと、してあげるよ、たっぷり、ね」
「ああん、いい、いい、もっとして、もっともっとよぉ」
「ぴんぴんだよ、ねぇ、真衣の乳首、乳輪盛りあがって、可愛いねぇ」
乳首を親指と中指に挟まれて揉まれながら、膣にはきっちり木村先生の勃起おちんぽが挿し込まれている状態です。木村先生のおちんぽって、勃起しちゃうと長さは15センチ以上ある感じで、太さはバナナより太い、直径5センチ?、とにかく真衣はその硬くなったおちんぽを挿し込まれたまま、乳首を揉まれているんです。
「うううっ、おおっ、真衣、いいねぇ、ちんぽ、真衣のお蜜で、じゅるじゅるだよ」
真衣とセックスするために賃貸されている独り者か新婚さん用のマンション三階、ワンDKです。バストイレつきのワンルームマンションです。ラブホテルをつかうより、落ち着くし、お泊りできるし、安心できるし、愛の巣です。
「ああん、先生、もう、ああ、いきそう、ああん、先生ぇ」
「ふふふふん、いっかいめ、イッテしまうかぃ、真衣」
「はぁああ、いっかいめ、まだ、まだ、もうちょっとぉ」
「そうか、それじゃ、ほうら、どうじゃ」
ぶすん、ぶすぶすっ、引き抜かれた陰茎を、一気に挿し込まれてしまう真衣。、真衣の膣の中はすでにぐちゅぐちゅ、おまんこまわりは愛の蜜でぬるぬるです。でも、まだ、こころが八合目、まだまだ高揚していきたい。
「ひぃいい、ああん、あああん」
乳首をつねられ、乳輪を撫ぜられ、乳房ぜんたいを揉みあげられる真衣。開脚Мすがたで肘掛椅子にお尻を置いている真衣。股間のおまんこ、陰唇がめくれあがって、盛りあがっています。そこへ木村先生の15センチ×5センチの勃起おちんぽが、ぶすぶすっ、ぶすぶすっ、挿し込まれ、膣襞をこすられ、亀頭のところまで抜かれるんです。

-6-
肘掛椅子の肘掛に、太ももをひろげて乗せている真衣です。ストッキングもショーツを脱がされ、何もつけていない股間が丸出しです。お尻を前へずらされ、真衣のおまんこが斜め上に向けられています。上半身は着衣のまま緊縛、後ろ手に縛られ、絞りあげられた乳房は、びんびん状態です。
「ほうら、真衣、おれの、ちんぽ、ほうらぁ」
「ああん、先生、あああん」
「ぬるぬる、びちゃびちゃ、いいねぇ、真衣ちゃんよぉ」
「ひぃいい、ひぃいい、ひぃいい、ですぅ、ううっ」
ぶっすり挿し込まれている木村先生の勃起おちんぽ。真衣は勃起おちんぽ亀頭のカリ首で、膣の襞をこすられるから、真衣、もう、膣をぷくぷくに膨らませ、とろとろと、お密を垂れ流しているのです。
乳首責めはもうおわり、ぶすぶす、勃起おちんぽだけ、真衣のおまんこに挿されて抜かれます。斜め後ろに倒れた真衣。反り返られる木村先生。おまんこに15㎝×5㎝の勃起おちんぽが挿し込まれただけの結合です。
「ふふふふ、ほうら、真衣、ほうら、おおっ」
「ひぃいいっ、あああっ」
陰茎の半分までをゆっくりと射し込んだ木村先生は、残り半分、亀頭が子宮口に当たるまで一気挿しです。
「いいだろ、真衣、いいんだろ、ほうら、ほうらぁ」
「ひぃいい、ひぃいい、ひぃいいですぅ、ううううっ」
陰唇がめくれあがって膣口が露出しています。木村先生は真衣の恥部を見ながら、快楽おちんぽを操作されていきます。
「うんうん、いいねぇ、真衣、ほら、もっと、締めろ、奥をぎゅっと締めろ」
「ああああん、締めるって、あああん、ひぃいいっ」
ぶすぶす、斜め上向いている股間のおまんこへ、木村先生の勃起おちんぽが、挿し込まれているんです。真衣は悶えています。お顔が紅潮し、喜悦のとろとろ表情になっています。真衣はもうただただ勃起おちんぽで、膣の襞をこすられる、悪魔のような快感覚、快楽のなかに没頭です。
「はぁああ、ひぃいい、ひぃいいっ、いぃいいっ」
ぐいぐいぐいっと挿される勃起おちんぽに、二十歳のからだを快楽に翻弄される真衣。木村先生は、頃を見計らって、挿しこんでいる勃起おちんぽを、抜いてしまいます。とろとろお密にからまった亀頭から陰茎が、真衣の目の前に突っ立てられます。
「舐めるんだ、真衣、ちんぽを、舐めろ」
じぶんがあふれさせた膣密がてかてかに絡まったおちんぽを、お口できれいに拭わされる真衣。広げられた股間は、そのまま、真衣はアクメに達してしまう一歩手前です。

-7-
真衣のおまんこから抜かれた勃起おちんぽは、真衣のとろとろ膣蜜で光っているじゃないですか。その勃起おちんぽを、木村先生は真衣に咥えさせたんです。
「うううっ、ううっ、ふうううっ」
自分の膣から垂らしたお蜜にまみれた勃起おちんぽを、正面からぶっすり、お口に挿し込まれて、へんなしょっぱい味を感じながら、真衣、じゅるじゅる、お口だけで吸ってしまいます。
「おおおおっ、もっと、じゅぱじゅぱ、吸って、拭って、きれいにするんだ」
木村先生は、後ろ手縛りにした真衣の頬に手のひらを当て、お口のなかへ勃起おちんぽを挿し込んでいます。ふぇらちおですが、真衣は手が使えないから、ぶぐぶぐ、勃起おちんぽ、唇で陰茎を挟んで、呑み込まされています。
「うぐうう、うぐうう、ふううううっ」
真衣は目を閉じ、お口を勃起おちんぽでふさがれ、息がしにくくなってきます。うぐうぐ、拘束され、自由を奪われたままのふぇらちお、真衣は恍惚のなかです。一分間ほどのふぇらちおですが、それが終わると、木村先生は真衣から離れられ、パイプの丸椅子に座れらるんです。
「うふふっ、真衣、見てあげる、恥ずかしい処、たっぷり、見てあげる」
肘掛椅子の肘掛に、太ももをひろげてのせている真衣。お尻を前へすらされて、ひろげた股間は斜め上向きです。上半身、服を着たまま後ろ手に括られた真衣の乳房は露出です。紐に絞り上げられた乳房。乳輪が盛りあがって乳首がツンツンです。
「あああん、先生、こんなかっこう、恥ずかしい」
正面に位置した木村先生の目線が、自分の股間に向けられているのを意識して、真衣、お顔を俯かせてしまいます。
「ふふふん、写真を撮ってあげるから、顔をあげて」
木村先生はiPhoneを手にして、真衣の羞恥すがたを、写真にしてしまうというのです。
「あああん、いやぁああん、お写真、いや、いや」
本能的な拒否反応をあらわす真衣ですが、木村先生はシャッターをお切りになります。カシャっ、カシャっ、真衣の頭の先から股間まで、iPhoneを横にして撮られると、肘掛椅子にひろげたお膝まで、ばっちし写ってしまうんです。
「いいねぇ、真衣、ここ、ひらいて、撮らなくちゃ、ねぇ」
木村先生は、真衣の股間、少し開いたままの陰唇を左右にひろげて、シャッターを切られます。
「いやぁああん、先生、こんなの撮ったら、あああん」
羞恥にまみれる二十歳の真衣、恥ずかしい気持ちが高揚してきます。でも、その恥ずかしい気持ちが、自意識です。恥ずかしいと思えば思うほど、おからだが反応していきます。木村先生の言葉とシャッター音が、真衣を快感にみちびき、とろとろのお蜜をいっそう垂れ出させるのです。真衣がお弄りされるのは、まだまだ、まだ始まったばかりです。だってまだ、木村先生は、一回目の射精を、終えられていないんですもの。


1200sx1609190051
-1-
<縛られて開脚Mすがたの真衣>
村上真衣って女子は、大学の二回生だというのに、セックスばっかりしているんです。大学のお勉強はそっちのけです。社会学部の社会学科に在籍しているけど、遊んでいても卒業させてもらえるらしいんです。ただし、それには条件があって先生のしもべになることらしいです。
「ああん、先生、そんなの、ああん、いやぁああん」
「ふんふん、真衣くん、ほうら、丸見え、いいねぇ」
肘掛椅子に座って開脚Мすがたにされた真衣の前に、大きなモニターが置かれているのです。モニターの映像はすべて録画されてしまうんですけど。
「そんなの、いやぁああん、先生、開いちゃ、ああん、いやぁあん」
後ろ手に縛られた大学二回生の真衣、フレアースカートがめくられてしまって、ショーツは脱がされています。白いブラウスのボタンは外され、ブラジャーはたくし上げられ、ロープで絞られたおっぱいが露出しています。
「うっふふっ、おおおっ、真衣のないぶは、ピンク色、そうなんだ、ピンクなんだぁ」
開脚Мすがたにされてモニターに映し出されている真衣のうしろに、木村克之先生がいらして、左右の手を、後ろから真衣の股間へおろしてこられて、われめを広げてしまわれたのです。
「ああん、先生、恥ずかしい、恥ずかしいですぅ」
「ふふっ、ほうら、お尻をまえへ、そうだ、お股をまえへ、そうだ、そうだ」
左右の肘掛にのせた左右の足、太ももから膝がおおきくひろがってしまいます。恥ずかしいお股の真ん中が、モニターに映し出されて、股間の唇内部が見え出しているんです。
「ひらいてあげようね、真衣くん、おまんこ」
「はぁああ、先生、そんなのぉ、そんなことぉ」
「そうだよ、そうなんだよ、たっぷり、見てあげるから、ね」
「ああん、恥ずかしい、そんなの、恥ずかしい・・・・」
「恥ずかしいのかい、そうかい、かわいいね、濡らしていいんだよ」
「ああん、濡らすなんて、いやぁああん」
「たっぷり、真衣くんが、お蜜を垂れ流す、いいねぇ」
木村先生は、真衣の縦割れ陰唇、その両側に手の平をぺたんと当てて手を広げちゃうんです。

-2-
木村克之先生は35歳の准教授です。村上真真衣は教え子ですが、教室で一目惚れ、それからなにかと真衣に話しかけ、からだを結合させる関係にまでなっているんです。
「ああん、先生、はぁああ、ああん」
うしろから降ろされた手のひらで、真衣の陰唇が左右に広げられ、膣口が開かれます。ピンク色の陰唇裏側から膣口が、モニターに映し出されて、真衣にも見えるんです。
「いいねぇ、真衣くん、ぞくぞくしちゃうよね」
木村先生ったら、左右の手のひらを広げてすぼめて、広げてすぼめて、真衣の股間の唇をこすって刺激を与えられるんです。じゅるじゅる、真衣の縦割れ唇から、よだれのような蜜が流れ出てきます。
「ああん、先生、だめ、だめ、いやぁああん」
「ふふふふっ、真衣くん、奥のほうが、痒いんだろ、そうなんだろ」
「いやぁああん、先生、そんなことぉ、そやけど、ああん、おくぅ」
「いれて、ほしい、そうなんだろ、真衣、入れて欲しいんでしょ」
真衣の股間はもうべちょべちょに濡れています。陰唇をこすり合わされ、感じさせられ、ぐじゅぐじゅになってしまったのです。気持ちいいです。大学二回生の真衣、二十歳の女体です。お股の奥の奥が疼いていて、たまらなく潤しいのです。そんな真衣をご覧になっている木村先生は、肘掛椅子に開脚Мすがたの真衣のうしろから、前へまわられ、真衣と向き合われます。
「いいね、真衣くん、欲しいんでしょ、ぼくの、ちんぽ、欲しいんでしょ」
「はぁああ、先生、どないしょ、わたし、ああん、ほ、し、い、です、けどぉ」
「ふふふふ、ほんなら、ほうら、見たいでしょ、男の性器、勃起した、ちんぽ!」
パイプの丸椅子を肘掛椅子の前に置き、おズボンを脱がれておちんぽ丸出し。真衣のお顔に勃起した、おちんぽを突き出して、お口に頬張らせるんです。後ろ手に縛られ乳房を剥き出された真衣の前に、木村先生は仁王立ちです。
「ほうら、真衣くん、ぼくの、ちんぽ、くわえて、なめなめ、ううううっ」
「ふううっ、ううっ、うううううっ」
左右の肘掛に左右の太ももをのせた開脚Мすがたの真衣。木村先生の勃起おちんぽ、正面から挿し込まれて、うぐうぐ、うううう、ぺちゃぺちゃ、あああん、お口の中で硬い勃起のおちんぽをじゅぱじゅぱ、吸ってあげちゃいます。そうして三分ふぇらのあと、木村先生は、真衣の前にパイプの丸椅子を置いてお座りになります。勃起おちんぽ、真衣のおまんこへ、挿入するために、です。

-3-
木村先生のおっきくなったおちんぽを咥えてじゅぱじゅぱ三分間。そのあいだ、お股を広げられたまま、お触りもしてもらえないから、真衣、下半身がうずうずです。陰唇の摩擦でぐじゅぐじゅになったまま、放置されているから、もう我慢できないです。
「うううっ、ぐぅうううっ」
手を背中で縛られ乳房を絞り上げられた緊縛すがたの真衣。膝から太ももを開いて肘掛にのせている格好だから、うずうずしても自由に動けないんです。
「それじゃ、真衣くん、ちんぽ、入れてあげようかね」
仁王立ちの木村先生が、真衣の口から勃起させたおちんぽを抜かれ、お股のお口へ挿入するとおっしゃるのです。真衣のお顔の前に、びんびんの勃起おちんぽを誇らしげに起たせている木村先生、35歳の若さです。
「あああ、先生、もう、わたし、だめ、いれて、ほしい、ですぅ」
「いれてほしい、そうなんだ、真衣、入れて欲しいんだ!」
木村先生は勃起させたおちんぽの根っこを右手に握って、ぐいっと皮を剥かれます。亀頭が逞しくてかてかです。そのまま、パイプの丸椅子に座って、真衣と向き合われる木村克之准教授。
「ふふん、真衣くん、ここへ、ぼくの、これを、いれて、ほしいんだね」
太ももを広げて肘掛にまたがらせている真衣の股間の前へ、勃起させたおちんぽが迫らされます。真衣は向かい入れるだけ、木村先生が左の手指で真衣の股間を、お尻のほうから陰毛の生え際までを撫ぜあげられます。そうして真衣、陰唇を開かれ、亀頭をそのなかへ挿し込まれます。
「うっふふ、真衣くん、たっぷり、かわいがってあげようね」
ぶすっ、木村先生の勃起おちんぽ、亀頭からカリ首、そして陰茎が3センチ、真衣の膣に埋め込まれたのです。
「ひい、やぁああん、先生、あああん」
木村先生は、真衣の左右の太もも、その真ん中、内側下から手のひらで持ち上げひろげ、股間を丸出し、それから一気にぶすぶすっ、勃起おちんぽを根元まで、挿し込まれるんです。
「ああっ、ああっ、先生、ああああっ」
「おおっ、真衣くん、真衣ちゃん、おおおっ、真衣、真衣、いいいねぇ!」
真衣の股間へ、木村先生の股間が密着していきます。真衣の陰毛と木村先生の陰毛がもつれあいます。ぶっすり挿し込まれてしまった勃起おちんぽ。
「はぁああ、いい、いい、いいです、あああああっ」
「いいやろ、ほうら、いいやろ、ちんぽ!」
真衣はからだの奥の奥、膣襞をこすられ子宮口、そに亀頭の先を当てられ、こすられ、ジンジンと内部が痺れてくるんです。ぐっと挿し込まれた勃起おちんぽ。挿し込まれたままで、ストップ。真衣、後ろ手に縛られ、乳房を絞り上げられた上半身です。膣に勃起おちんぽ挿し込まれたまま、木村先生の手と唇で、真衣は性感帯をねちねち、たっぷり、弄られるんです。もちろん、勃起おちんぽで膣のなかこすられながらです。



BlogPaint
-24-
おっぱいをゆすられ、乳首をモミモミされたあと、お股の真ん中を弄りだされる由佳。
「ああん、せんせ、だめ、あかん、ああん」
「なになに、由佳、いい気持なんでしょ、ふふん」
畳二枚分の狭いお部屋、剝き身部屋、背もたれが十字の椅子に開脚Mすがたです。
木村教授が、正面から、右手のお指で、陰毛の下部をまさぐりだされだした由佳です。
文学部の二年生、琳派の研究をしたい申し出る由佳に、実地体験だとおっしゃるんです。
「はぁああ、ああん、せんせ、そんなとこ、さわったらぁ、ああん」
「なになに、クリトリス、剝いて欲しいってゆうのかい、由佳!」
陰唇をめくられ、ひろげら、その先っちょを剥きだされてしまう、可憐で清楚な由佳。
開脚Mすがたにされ、腕を横にひろげた由佳の裸体が、正面から見つめられています。
「ああっ、だめ、ああっ、そこ、だめ、あかん、ああん」
クリトリスをつままれ、キリキリと細くてキツい刺激を注入される由佳、お顔を歪めちゃう。
木村教授は刺激にお顔を歪める由佳を、左手でおっぱいを、右手では股間を触ります。
右手の中指が、ヌルっとしている膣のなかへ、腹を上向かせられて、挿しこまれてきます。
「はぁああん、いやぁああん、はぁああん!」
由佳、開脚Mすがた、腕は持ち上げられて左右にひろげられた格好、抵抗できません。
「ふふふふん、由佳、おおおっ、ヌルヌルだねぇ、いい感触、いいねぇ」
「いやぁああん、せんせ、だめったら、ああん」
左の手指で乳首をつままれながら、右手の中指を、膣のなかへ挿しこまれている由佳。
じんじん、性感の急所を刺激されてきて、二十歳になったばかりの由佳、タジタジです。
「ふふっ、由佳、指じゃあ細すぎるかな?」
右手の中指の腹を上向かせて、挿して抜いて、挿して抜いてされている由佳ですが。
「バイブレーターが、いいかなぁ、由佳、これ、これだろうねぇ」
ピンク色のバイブレーターを、お指の代わりに、挿しこむとおっしゃる木村教授です。
「あっ、あっ、ああっ、いやぁああん、あああん」
もうお指で十分に濡れている由佳の膣へ、ピンクのバイブが、挿しこまれたんです。
「ほうら、由佳、どうだね、いいだろ、いい気持なんだろ?!」
細目で小さめのバイブだから、難なく由佳の膣に埋まってしまって、引き抜かれます。
「あああん、いやぁああん、はぁああああん」
きっちり開脚Mすがた、腕をひろげた由佳、お腰を揺すってくねらせるけど、それだけ。
バイブレーターを振動されないまま、挿されて抜かれて、挿されて抜かれて、です。
じわじわ、由佳、からだの奥がじんじんと、痺れてくる感じで、悶えるお声を洩らします。

-25-
バイブが挿されて感じだす、由佳をみていた木村教授、ムラムラ、おちんぽ挿入です。
背もたれが十字の椅子に開脚Mの姿にされている由佳を、犯してしまいたい衝動です。
パイプ椅子に座った木村教授、下半身は裸、にょっきりおちんぽが勃起しています。
「いただいちゃうよ、由佳、欲しいんだろ、ぼくのちんぽ、そうだろ!」
クリトリス責め、バイブで膣責め、そうしていよいよ、ナマのおちんぽで、おめこ責め。
「ああん、せんせ、それわ、そんなんしたら、あかちゃん、でけたらぁ」
「ははん、だいじょうぶ、出すときわ、ちゃんとスキンをかぶせてあげる」
大学の研究室の一角、囲われた二畳の広さ、剝き身部屋、由佳、教授の餌食です。
「でけたら、せんせ、せきにん、とってよ、責任を」
素っ裸にされて開脚Mすがた、腕が横にひろげられた格好、二十歳の由佳の受難です。
陰茎を握った木村教授が、亀頭で由佳の縦割れ陰唇を、めくって膣へ挿しこまれます。
「ああああっ、ひゃああん、ああん」
まだスキンもついていないナマのおちんぽ、亀頭が膣に挿されて、由佳、悲鳴です。
「ふふっ、いただいちゃうよ、由佳、どんな感触なんやろ、ねぇ!」
ぶすぶすっ、由佳、お股をひろげられたまま、おめこにおちんぽ、挿されていきます。
「ひゃああ、あああん、せんせ、あああん」
由佳のおめこ、バイブでぬるぬるにされているから、あんがいスムーズに挿入です。
窮屈な姿勢、開脚M、身動き取れないままに挿入されて、由佳、身震いしちゃう。
「おおおおっ、入っちゃった、由佳、奥が深いんだねぇ、入ったよぉ」
120度にひろげられている股間お真ん中に、木村教授のお腰がきっちり密着しています。
勃起おちんぽ、二十歳の大学二年生、可憐で清楚な由佳がおめこに、咥えているんです。
「可愛いねぇ、さすがだねぇ、なんともいえない、いいねぇ、由佳」
「はぁあ、ああん、はぁああん、はぁああ、ああん」
勃起おちんぽの根元まで、おめこに挿しこまれたままの由佳、呻くお声が洩れ出ます。
挿しこんだ勃起おちんぽを、ゆっくり引き出されてきて、亀頭だけ、残されます。
「いいねぇ、由佳、おっぱい、ふふん、なぶってあげようね、乳首かねぇ」
亀頭をおめこに挿しこまれたまま、お腰を微妙に揺すられながら、乳首をつままれちゃう。
「ひぃやぁああん、せんせ、あかん、あかんですぅ」
ぴりぴり、ずきずき、女の子の感じる急所、二か所の同時攻め、由佳、お悶えしてしまう。
足を閉じようとの衝動があるのに、閉じられない由佳、じんじんと、感じだしてしまいます。
手を動かそうと思うけど、腕は横にひろげられ、括られているから、自由がきかない。
ぶすっ、ぶすぶすっ、勃起おちんぽが、由佳のおめこに埋め込まれていきます。
「ひゃああ、ああああん、ひゃあああん!」
十字の背もたれに腕をひろげて、勃起おちんぽ、ぶすぶす挿される開脚Mの由佳です。
ずんずんと、アクメに向かって、階段を昇り始める、可愛くて可憐な二十歳の由佳なんです。

-26-
どうしてこんなことになっているんでしょ、大学二年生の由佳、教授の研究室です。
文学部で琳派の研究をしたいと思っている由佳が、木村教授に教えてもらう。
豊かなこころの出来事を体験しなさいというので、この二畳のスペース剝き身部屋で。
いま、もう、由佳、アクメに昇っていくところ、木村教授のおちんぽがぶすぶす挿入。
「ひゃああん、せんせ、ひぃいい、いいいっ!」
背もたれが十字の椅子に開脚Mの姿にされている由佳、その正面から挿し抜きです。
「おおおっ、いいよ、めっちゃ、おおおっ!」
ぶすぶすっ、ぶすぶすっ、一秒に二回のスピードで、勃起おちんぽが、挿されて抜かれて。
由佳、もう、とろとろ、何が起きているのか、わけがわからない、快感に浸ります。
足をひろげられ、括られているから、身動き取れない由佳ですが、それだけに強烈です。
「ひぃいいっ、ひぃいいっ、ひぃいい、いいっ!」
お顔を上向かせ、歯をくいしばって、おめこに注入される刺激を、からだが受けとめます。
二十歳になったばかり、可憐で清楚な女の子、由佳がたっぷり、セックスされている。
とろとろ、由佳のからだの奥からは、喜悦のお蜜が滲み出て、勃起おちんぽに絡みます。
「ひぃやぁああん、いく、いく、ああああっ!」
もう、アクメに昇っていく由佳は、足をひろげて持ち上げられてM姿になったままです。
「おおっ、いけ、いけ、おおおっ!」
木村教授、もう、いい気持ちになって射精がはじまろうとしているんです。
「ひぃいい、やぁああん、いく、いく、いっちゃう、ううっ!」
ずんずん、アクメ、オーガズム、由佳、天使さまの奥深くから快感誘拐されちゃいます。
ぐぐっと昇ってくる快感、おからだがふるえて、爆発してしまいそうな気配に悶えます。
由佳のおっぱいが、ぷっくら膨れあがって、乳首がピンピンに起っています。
お股の陰唇は、全開にひろがりきって、クリトリスが勃起して露出です。
「ひぃいい、ひぃいい、いく、いく、いくううう、うううう~~!」
そのとき、木村教授の勃起おちんぽが、ぶちゅんぶちゅんと痙攣しちゃいます。
ぴしゅん、ぴしゅん、精子が発射され、洩れないようにスキンガードの由佳のなか。
「ううううう~~、ああああ~~~!」
おおきなうなり声になってしまった由佳、ぴしゅん、ぴしゅん、お小水を吹きあげます。
最高、めっちゃ、快感、ねっちり、じわじわと攻められて、アクメを迎えてしまった由佳。
ここは大学教授の研究室、その一角の剝き身部屋にいる、女子学生の由佳。
ぐったり、気を失って、そのまま眠ってしまう大学は文学部二年生、裸の大島由佳です。
(この章おわり)




1200sex170813021
-22-
二畳、一坪の広さの剝き身部屋、隅におかれた十字背もたれ椅子に、由佳が座ります。
木でつくられた背もたれ椅子、座るところは幅30cm長さ40cmで、厚さ3cmの座部。
背もたれは幅30cm高さ60cm、横板は立板とおなじ寸法にしてあって、十字架です。
背もたれ椅子の前にパイプ椅子が置かれて、狭い剝き身部屋はもういっぱいなんです。
「ああん、せんせ、どうするん、いやだぁ」
「なになに、いいのよ、由佳、たっぷり、かわいがって、あげる」
「たっぷり、かわいがってあげる、って?」
「たっぷり、かわいがってあげる、ってことだよ」
こんな会話を交わしながら、木村教授は、由佳のお膝に太めの紐を巻いちゃいます。
右のお膝うえ、左のお膝うえ、それぞれに、お紐が巻かれて、腕を横にひろげられます。
「ああん、なにするん、せんせ、括ったら、ああっ」
お肘に紐が巻かれて横にされ、背もたれの横板にあいた5cm穴に紐が通されます。
お膝に巻かれた紐が、持ち上げられて背もたれの、横板両端の5cm穴に通されます。
「いやぁああん、せんせ、こんなかっこう、恥ずかしいよぉ」
由佳、思ってもいなかった格好、お股をひろげられてしまって、身動き取れない。
「いいの、いいのよ、由佳、大学二年生は、羞恥の躾が必要なんだよ」
「でも、でも、でも、こんなの、恥ずかしいですよぉ、いやぁああん」
乳房が丸出し、股間が丸出し、見られ放題、弄られ放題、そのうえ無抵抗でセックス。
「だれもみてない秘密の部屋、剝き身部屋だよ、わかるかなぁ」
すでに素っ裸だった由佳、腕をひろげ、お膝をひろげて持ち上げられた格好。
目の前すぐに、木村教授がパイプの椅子に座っていて、由佳が弄られていくんです。
「みんな、この格好で、よろこんだんだから、由佳も、きっとよろこぶんよ」
由佳の先輩たちが、ここで、開脚Mのこの格好で、喜悦に悶えたというんです。
「じゃあ、ね、由佳、使いたいおどうぐを、ならべて、おこうかなぁ」
30cm円形で床上15cmのテーブルへ、壁にかけたお道具から、使う分だけ移動。
「なに、使って欲しいんでしょうねぇ、由佳ちゃんわ、これかなぁ」
ちょっと小さいサイズのピンク色したバイブレーターを、木村教授が手にします。
このあとに使われるお道具を、木村教授が選んで由佳の同意を求めるんです。
「いやぁああん、そんなの、見たくないですぅ、みせないでよぉ」
由佳は木村教授から、バイブを示されて、開脚M姿じたいが耐え難いのに、です。
バイブを一瞬見たけれど、お顔を横にしてしまって、半泣き状態、羞恥心いっぱい。
「ほっぺが、赤いよ、火照っているのかなぁ、由佳、かわいいねぇ」
開脚M姿にされて、見られているけれど、弄られを放置されている由佳、羞恥です。

-23-
背もたれが十字になった椅子に、お膝をひろげられて持ち上げられている由佳。
バイブの次にはブルーのローターを、目の前にぶらぶら吊り下げられちゃいます。
「これなんかも、由佳、好きになるかも、だよ、感じるらしいねぇ」
「いやぁああん、せんせ、そんなの、だめですよぉ」
文学部二年生の由佳、ローターが膣のなかでうごめく刺激を、知っているんです。
ひとりで、ネットの通販で購入しちゃって、ドキドキしながら、入れちゃった経験。
ええ、大学一年のとき、興味いっぱい、男子の名前で、購入しちゃったんです。
「ふふっ、知ってるんだろ、ローター、使ってるん違うんかなぁ、由佳」
「どうして、せんせ、知ってるん、見てたの?」
木村教授のカマかけに、素直に告白らしく、伝えてしまった由佳、とっても恥ずかしい。
「そうなの、経験済みなんだ、えっちなんだねぇ、由佳」
お股をひろげられたまま、じっと股間を見つめられている由佳、うずうずしてきちゃう。
ブルーのローターが脇の30cmテーブルに置かれて、いよいよお弄りが始められます。
「たっぷたっぷの、おっぱい、いいねぇ、由佳、おんなだなぁ」
まずは腕を横にひろげられてしまって、無防備な乳房を弄られだす由佳です。
由佳の目の前、パイプ椅子にお座りの木村教授が、両手を差しのべ、乳房を揺すります。
たっぷたっぷ、すそに人差し指をおかれて、双方を同時に、揺すられてしまいます。
「ああん、せんせ、やめて、やめて、やめて、くださいよぉ」
感じる刺激ではないんですけど、こんなにされておっぱいを揺すられるのも羞恥です。
「あああん、だめ、だめ、感じちゃうぅ、ああん」
乳房ゆすりから乳首もみにかえられる由佳、左右の乳首がつままれ、揉まれだします。
「あああん、はぁあああん」
きっちりお膝をひろげて引き上げられた太ももの、うちがわがピクピクと波打ちます。
まだ、見えるようにされただけの股間、縦割れの唇は、閉じられたままです。
乳首を揉まれだすと、由佳のおからだ、注入される刺激で、子宮が疼いてきます。
膣のなかでは、刺激で、とろとろのお蜜が滲み出てきて、ヌルヌルになってきます。
「ふふ、由佳、感じるんだね、乳首、ふふ、やっぱり由佳も、だねぇ」
「いやぁああん、せんせ、あああん、いやぁああん」
お腹のなかの奥のほうが、じわじわ、むずむず、でも、そんなこと言えない由佳。
ぷちゅぷちゅ、もみもみ、乳首をつままれ、木村教授のお指の腹で揉まれていきます。
執拗に揉まれ、揺すられる乳房と乳首、由佳、じんじん、刺激を注入されてきます。



BlogPaint
-20-
木村教授は男だから、由佳がはだかで、いい気持になるのを見てるだけでは済みません。
おちんぽが勃起してきて、それをなぶってもらいたい由佳は、片足を吊った格好です。
由佳の手が降ろされ、吊られたお膝も降ろされ、パイプの丸椅子に座らされます。
「ほんなら、ぼくの、ちんぽ、咥えておくれ、さあ、さあ、由佳!」
狭い畳二枚分、鏡とビデオのモニターと、お道具が吊られた壁面の剝き身部屋です。
手首を括られたままの由佳、頭のうえに格好で、手は使えなくて、お口だけです。
目の前に、剝きだしにされた木村教授の勃起したおちんぽ、いやらしいです。
由佳、でも、興味深々、木村教授の勃起したおちんぽ、見て見ぬふりですけど。
「ほうら、由佳、口をあけなさい、ぼくのちんぽ、咥えるんだよ」
木村教授が由佳の前に立たれると、その腰が由佳のお顔の前になります。
にょっきり、棒立ちになったおちんぽ、皮が剝けて、亀頭がとってもいやらしい。
「さあ、由佳、咥えろ、ほうら、くち、あけろ」
ぐぐっ、木村教授が勃起おちんぽで、由佳のホッペをぺんぺんと叩いて、唇へ。
左手で由佳の手首を握り、右の手の平を由佳の頭のうしろにあてがっています。
「はぁああ、ああっ、うう、ぐぅううっ」
由佳のお口の中へ、勃起おちんぽの亀頭からカリ首の部分が挿入されてしまいます。
「ほうら、由佳、いいぞ、このまま、押し込む、いいな、咥えろ!」
そういわれて、由佳、うんうんと小さくうなずき、そのまま陰茎の半分まで、挿されます。
フェラチオさせられる由佳、大学二年生、琳派研究をしたいと思っている文学部女子です。
木村教授の研究室につくられた剝き身部屋、由佳の先輩たちも使ったお部屋です。
「ほうら、ぎゅっと、吸い込むんだよ、ぎゅっと、そうして」
「うううっ、ふぅうううっ」
「ぎゅっと吸いこんで、ほうら、顔を、前へ、後ろへ、スライドだ」
「ふうう、ううううつ、ふうう、ふうう」
勃起おちんぽ、お口に咥えたまま、木村教授に誘導されて、お顔を前へ後ろへさせます。
お口に咥えた勃起おちんぽ、その陰茎を唇で、擦るようにして、ナメちゃうんです。
頭のうしろに置かれていた手が、由佳、おっぱいをまさぐられてきちゃって、感じちゃう。
立っていたときになぶられていた股間は、置いておかれるまま、フェラチオする由佳です。

-21-
パイプ椅子にお尻をおいた由佳、括られた手首の紐も解かれて、全裸にされて自由です。
由佳、自由になった手で、口で、木村教授のおちんぽを、握って咥えて、フェラチオです。
「ほら、由佳、すきなだけ、おしゃぶりしなさい、ちんぽを、ねっ」
剝き身部屋の由佳と木村教授、もうふたりとも全裸、男と女、教授と女子学生です。
大学の研究室の狭い剝き身部屋にこもった由佳と木村教授、いけない関係ですけど。
「ああん、せんせ、おっきい、おっきいですぅ」
右手で陰茎をにぎって、左手は木村教授のお尻にまわし、お口に亀頭につけます。
唇にはさんだ亀頭の先っちょ、そのまま唇で絞めるようにして、お口の中に挿しこみます。
勃起おちんぽの半分ほどまで、お口に咥え入れた由佳が、そのままで吸いあげます。
吸いあげて、勃起おちんぽをお口の中に密着させて、ずぼん、と抜いちゃうんです。
抜きあげられた勃起おちんぽ、由佳、陰茎を握ったまま右手を、ぎゅっと押し込みます。
「おおおおっ、いいねぇ、由佳、うれしいよぉ!」
亀頭を剥いてしまい、カリ首も剥いてしまって、テカテカになった頭に唇を這わせます。
ぷっちゅり、木村教授の亀頭先っちょから、ぬるっとした粘液が滲み出てきます。
由佳、その粘液を、舌先で拭いとり、唇にまつわりつかせて、亀頭に絡めてあげます。
ヌルヌルになる木村教授の亀頭、大学の教授なのに、いやらしい粘液だしちゃうのよ。
そうして、由佳、握った右手を、陰茎握ったまま、上下にスライドさせていきます。
ぐいっ、ぐいっ、勃起したおちんぽの皮を剝いてあげて、テカテカにしてあげて、戻す。
こんどは、陰茎握ったまま、ぎゅっと持ち上げるようにして、亀頭に皮をかぶせます。
とはおもうけど、皮がかぶりきらないから、そのまま剝きだしにして、可愛いがります。
「いいんだね、由佳、せんせとこんなことしても、いいんだね」
せくはらとかぱわはらとかになるかならないかのところだから、木村教授が確認です。
「うううん、うったえるかも、しれません、ふうきいいんかいに、だよ」
由佳は、木村教授の勃起させたおちんぽを握ったまま、お顔をあげちゃいます。
「ほぉおお、おおおっ、ほんばん、したいねぇ、したいよぉ」
「ええっ、せんせ、それは、どゆこと、たぶん、あのこと、ふふん」
木村教授は美男子だし、将来有望な学者先生だし、由佳、密な関係になる方向。
でも、先輩が実らなかったのだから、でも、まあ、いいや、と由佳は思うのです。
こうして、フェラチオがおわると、いよいよ、本番、おちんぽを膣に埋め込まれちゃう。
でも、木村教授は琳派流だと言って、ああ、由佳、拘束されて、逝かされるんです。




このページのトップヘ