1200sex1703180197
-28-
玲奈20歳、芸術大学二年生、コンビニでバイトをしていたところ、芸能プロダクションを経営する町田晴樹に誘われ、そのまま監禁されてしまったのです。四畳半の監禁部屋、畳一枚分の檻に入れられ飼育される玲奈。いまは身体トレーナーの山中哲夫に、セックスを求められているところです。
「ああん、いやぁああん、いや、いや、ああん」
60㎝幅のベッドに仰向いて寝かされ、隅のポールに手首を括られ、膝を持ち上げられ手首のポールに括られているんです。
「美味しいよ、玲奈のおめこ、じゅるじゅる、蜜、美味しい」
イケメン山中が、持ち上がった玲奈のお尻を左手で、撫ぜながら、陰唇を舌でひろげ、膣口をぺろぺろと舐めているのです。右手は玲奈の乳房をまさぐっています。
「ああん、ひやぁああ、ああん、はぁあ、ああん」
乳首と膣口、二十歳の玲奈には、とっても敏感な個所です。男の手と舌で弄られる恥ずかしさと敏感刺激で、悶え呻きます。玲奈のお尻を太腿に挟んで持ち上げる哲夫。チンポをビンビンにさせてきて、陰茎で玲奈の股間をこすりだします。
「ううん、入れてやるよ、おれのチンポ、いいだろ」
哲夫が右膝を立て、勃起させたチンポを握ります。陰茎の下部を握って、亀頭から陰茎上部で、陰唇を割ってこすりあげます。
「うっふん、玲奈、柔らかい、ぬるぬる、ほうら、いいだろ」
「はぁあ、ああん、はぁあ、ああん、いや、いや、いやぁあん」
手首と膝を括られ固定の玲奈が、自由にできるのは、顔を左右に振ること、声を出すこと、それだけです。身悶えて、腰から臀部を動かそうとするけれど、哲夫に押さえられているからできません。
「ううん、おおっ、玲奈、ほうらぁ」
ぶすっ、亀頭を玲奈の膣に挿しこむ哲夫。後ろから膝立ちでチンポを玲奈の膣に挿入です。
「ひゃああ、ああん、ああん、あああん」
窮屈な体位、太腿ひらいて腰を折り曲げられた格好の玲奈には、挿し込まれ、擦られる刺激が強烈です。
「ああん、ひゃあああん、ひぃいいっ、ひぃいいっ」
ぶすぶすっ、哲夫のチンポが玲奈の膣に挿しこまれて、玲奈がいななきます。刺激が強すぎるのです。二十歳の芸大生、セックスはまだ未熟、熟れていない果実です。玲奈、檻の前の幅狭いベッドに手首と膝を一緒に括られ、お尻を高く持ちあげたスタイルです。