BlogPaint
-39-
町田と村山が見ている前です。寝そべった山中の腰にまたがって、膣にチンポ挿入している玲奈です。太腿んひろげ腰を浮かしている玲奈。下から山中が勃起のチンポを突き上げます。
「ほうら、玲奈、ほうら、いいだろ、ほうら」
「ひやぁああん、ひやぁああん、ひぃいいっ、ひぃいいっ」
ぶすん、ぶすん、ぶすん、勃起したチンポを真下から突き上げられている玲奈。突きあがる度に喜悦の叫びをあげてしまいます。何度か下から突き上げられて、ふたたび、玲奈が動かす番です。
「ほうら、挿して、こすれ、前へ、前へ、前へ」
「はぁああっ、ううっ、ううっ、ふぅううっ」
「抜け、抜け、抜いてストップ、それから一気に挿すんだ」
「ああん、ひぃいい、いいいい、やぁああん」
どすんと尻が落とされて、亀頭しか埋まっていない膣のなか、一気に亀頭と陰茎を挿し込む玲奈です。とろとろ、じゅるじゅる、男たちが見ている中で、しだいにアクメにむかって、卑猥な声をあげていきます。
「ひぃいいっ、ひぃいいっ、ひいいっ、ひぃいいっ」
二十歳の玲奈、若いぶんだけ、はつらつ、みずみずしくて、感度があがっていきます。熟れた女の喜悦じゃなくて、青い女子の喜悦です。アラフォー町田とアラサー村山が、じっと玲奈のからだを見ています。チンポが挿入される玲奈のおめこ、そのなりゆきを、凝視しているんです。
「ううっ、おお、おおっ、玲奈、そろそろ、だなっ」
山中が、射精のタイミングを、コントロールしているんです。玲奈の声の卑猥さで、その深度がはかられ、アクメへ昇らされていくのです。
「ひぃいいっ、ひぃいいっ、ひいいっ、ひいいっ」
「ほうら、いけ、いけ、玲奈、ほうら、いけ、いけっ」
山中の腰に跨ったまま、勃起チンポをきっちり膣に埋め込んだまま、玲奈は股間と尻を、前へ、前へ、ぐいっ、ぐいっ、力をこめて擦らされるのです。お腹の奥が、子宮の中が、ジンジンになってきて、玲奈、悶えながらのアクメへ突入していきます。
「あああああっ、はぁあああ、ああ~っ」
胸を反らせ、太腿を痙攣させる玲奈。アクメに昇っていく途中、恥ずかしくもおしっこを洩らしてしまいます。
「ううっ、出る、出る、ううっ、おおっ」
「ひぃいいっ、ああっ、ああっ、ああっ」
山中のぴしゅんぴしゅん、射精の痙攣に、玲奈が感じとって一緒にアクメに昇ってしまったのです。本気で昇ってしまった玲奈、山中のチンポを挿したまま、からだの力を抜いてしまって、とろとろ、ぐったりです。