BlogPaint
-56-
パイプ製の羞恥台にのった玲奈は、腕がV字で手首が顔の横です。膝が60㎝ひろげられ、座った格好です。着ている洋服が、ひとつひとつと剥がされます。
「ああん、いやぁああ、ああん、やめて、やめてくださいぃ」
「ふふふふ、すとりっぷ、ふふふふ、かわいいな、玲奈」
ブラウスのボタンが外され、ひろげられ、スカートをめくりあげられ、腰にまとめられ、ブラジャーから乳房を露出させられた玲奈です。ストッキングにガーターベルトをつけた腰から下です。二十歳になったばかりの芸大生、まだまだ蕾、恥じらう年頃の玲奈です。
「うっふふん、脱がしてあげようね、玲奈、このショーツ、うっふふん」
ひろげた股間を布のうえから指でなぞられていた玲奈。生成りのショーツが、整体師山中哲夫の手によって脱がされてしまうのです。
「ほうら、うっふふっ、いいねぇ、いいねぇ」
山中が、玲奈の臀部から恥丘をくるんだショーツの横腰に、指を入れ、ショーツをひろげ、降ろしてしまいます。
「ああん、いやぁああん」
「おおっ、黒い毛だ、玲奈、かわいいなぁ」
ショールが太腿の根元にまで降ろされ、留め置かれます。町田の目が、村山の目が、玲奈の陰毛に注がれます。羞恥台の前に立っている山中が、留め置いた紐状になったショーツの真ん中を握って、無残にもハサミで切ってしまったのです。
「ああん、いやぁああ、いやぁああん」
「丸出し、うっふふ、玲奈、股、丸出しだ」
「ああん、いやぁああ、見ないで、見ちゃいや、ああん」
丸出しになった股間を、見やすくするために、羞恥台が後ろに傾かされ、膝と膝の間は、あと30㎝ひろげられ、90㎝です。股間は床から90㎝の高さで、斜め上向きです。
「ふふっ、玲奈、たっぷりかわいがってやるから、おもいっきり喜ぶんだぞ」
町田が、山中の横に立って、玲奈の羞恥姿を眺めながら、言うのです。村山は4Kビデオカメラを手にして、玲奈を撮っています。
「それじゃ、玲奈、最初は、観察だな、たっぷり、濡れてくるまで、なっ」
洋服は身につけたまま、ショーツを脱がされてしまった股間が、大股開きの露出です。
「玲奈にも、一緒に見てもらいたいけど、見れないな、残念だな」
上半身をのせたパイプが持ちあげられ、玲奈の正面に立つ山中の両手で、股間と乳房を同時に弄れるようにされてしまいます。