1200sex1703130076
-57-
羞恥台は、婦人科の検診台をアレンジしたパイプの椅子で、玲奈が座らされているのが、この羞恥台です。上半身は斜め後ろに倒れ、乳房がブラジャーから露出です。手が顔の横に留められ、膝が拡げられ、斜め上に持ち上がり、太ももは120°に拡げられている芸大生の二十歳の玲奈です。ショーツがハサミで切られて股間が丸見えにされてしまって、男たちの前に晒されてしまったのです。
「じゃあ、玲奈、恥ずかしい股ぐら、たっぷり観察してあげるよ、いいね」
「いやぁああ、そんなの、恥ずかしい、いやぁああん」
羞恥台、玲奈の正面に立った山中が、ニタニタ顔でいい、玲奈が羞恥心を表情にそのまま表します。
「ふふふふ、いい顔じゃないか、玲奈、かわいいな、それに、お、め、こ」
右横の丸椅子に座った町田が、玲奈の股間に顔を近づけ、なにやらぶつぶつ、つぶやきます。
「たっぷり、接写で、玲奈のおめこを撮っておくんだぜ」
左横で4Kのビデオカメラを持った村山は、玲奈の股間がクローズアップ、乳房から顔までが撮れるアングルです。
「わかってますよ、男が見て喜ぶ、撮り方でしょ、わかってますよ」
調教部屋の男三人が、可憐で可愛い女子芸大生の玲奈を、視姦して、それからチンポで姦淫してやろうというのです。
「ああん、いやぁあ、ああん、見ないで、見ちゃいや、ああん」
「ふふ、毛並みがいいね、黒い毛、無修正、ちょろちょろ股にも、生えてるね」
外観、山中が目線を恥丘の陰毛から股間の縦割れ唇に目を落としていきます。
「ああ、まだ、閉じたままだから、開いてやらなくちゃ、いけませんね」
正面から見ている山中が、玲奈の縦割れ陰唇が、まだ閉じられたままだというのです。太腿は120°にもひろげられているのに、大陰唇は少し拡がっているけれど、小陰唇が閉ざされたままなのです。
「町田師匠、どうしますか、お開きになられますか」
山中が、横から覗き込んでいる町田に、小陰唇から奥を開いてみますかと、訊いているのです。小陰唇を開いて、クリトリスを弄ってやり、膣のなかを弄っていくテクニックは、整体師で身体トレーナーの山中に軍配があがるところです。
「ふふ、なぶるのは、哲夫に任せるよ、だけど、本番は、おれが先だよ」
「わっかりました、それじゃ、玲奈、ふふん、泣いてるのか、まあいい」
「ああん、なぶるなんて、いやぁああん、ほんばん、なんて、いやぁああん」
男の会話に、玲奈がうろたえ、心が泣いてしまうのです。涙がこぼれてくる玲奈。でも、その涙をぬぐうにも、手は顔の横に拘束されているんです。


cusco_5780-173