1200sx1502080014
-63-
羞恥台の玲奈、股間をひろげられた大の字です。村山徹が玲奈の股間前にしゃがみこみ、唇を陰唇に当て、ぺちょぺちょと音を立て、すすぎ啜っています。
「ううっ、ああっ、あっ、あっ、ああん」
「おいしいなぁ、玲奈、お汁、甘酸っぱくって、おいしいよ」
顔をあげ、玲奈の顔を見て、徹はそう言って、ふたたび唇を陰唇にあてがい、舌で割り、会淫の処から膣口、膣前庭、おしっこ出る穴からクリトリスまで、ぺろぺろと舐めあげるのです。
「ああん、いやぁああん、ひゃああん」
玲奈、足首をアームにベルトで固定され、膝が膝受けにのせられているから、股を閉じることができません。ぺろぺろ、ぷちゅぷちゅ、男の唇、男の舌先で、恥ずかしい処を舐められて、玲奈、泣きたい気持ちで悶えます。
「ふふふふん、玲奈、ふふふふん、それじゃ、チンポ、入れちゃうぞ」
にたにた、29才の栄養士村山徹が、いやらしい顔つきで、二十歳の芸大生、玲奈に結合させるというのです。徹のチンポは、もう勃起状態、ビンビン、その根元を握り、亀頭を膣口にあてがい、亀頭を挿入します。羞恥台にのった玲奈の股間の高さは80㎝にしてあるから、立ったままでの挿入です。
「おおおっ、ううっ、いいっ、いいっ、いいねぇ」
膣に亀頭が入り、陰茎が埋め込まれていきます。玲奈、顔を歪めて、こらえます。ジンジン膣襞を擦られる感覚が、玲奈の顔を歪ませるのです。
「ああっ、ひやぁあっ、ひやぁああっ」
「おおっ、おおっ、いいねぇ、おおっ、絞まる、絞まる、いいねぇ」
ぶすぶすっ、徹は、勃起させたチンポを、玲奈の膣のなかへ挿入し、引き抜き、亀頭を残してストップさせます。
「いくぞ、ほうら、おおっ、いいっ、いいねぇ」
「ひぃいいっ、ひぃいいっ、ひゃああん」
ぶすん、ぶすん、ぶすぶすん、徹が腰を前へ後ろへ、玲奈の腰に手をあてがって、腰を前へ後ろへ。
「ううっ、ああっ、ふぅううっ、おおっ」
「ああん、ひやぁああん、だめ、だめ、ひやぁああん」
しだいに徹のピストン運動が早くなってきて、玲奈の声が悲鳴のように甲高くなります。徹が、とどめを刺します。ぶすぶす、ぐぐぐぐっ、ぴしゅん、ぴしゅん、ぴくん、ぴくん、玲奈の膣にチンポを根元まで、挿したまま射精させてしまったのです。玲奈は、ぐったり、チンポを抜かれて、徹のモノが流れ出してしまって、洗われたのです。というのも、山中哲夫が、玲奈と結合するのを待ち受けているからです。