1200sex1703180056
-64-
山中哲夫は整体師、玲奈の身体をマッサージしているうちに、その可愛さ、その可憐さ、その声、その身体、そのすべてに愛着をおぼえるようになり、好きな感覚を持つようになっています。性格はエスですが、優しさも十分に持ち合わせていて、玲奈からも、好かれているところです。
「ああっ、ああん、哲ちゃん、ああん」
「可愛いな、玲奈、ほうら、おれのちんぽ、入れてやるよ」
羞恥台に仰向き開脚M姿の玲奈に、覆いかぶさる哲夫。もうチンポの先っちょから透明の露が出てきて、玲奈の膣に、早く入りたいとの欲望です。
「ううっ、ああっ、おおっ、玲奈、いい気持だよ、おおっ」
ぶすっと亀頭を玲奈の膣に挿し込んだ哲夫が、いっきに陰茎の根元までを挿入しちゃいます。
「ひぃいい、ああん、ひやぁああん」
ぶすぶすっ、ぶすぶすっ、一秒に一回の速さで、勃起させたチンポを、玲奈の膣に挿入、抜き挿し、抜き挿し、しちゃいます。二十歳の芸大生玲奈は、哲夫のチンポでこすられる、膣襞からの心地よい欲情で、からだをひらいていきます。
「ああん、ひやぁああん、ひぃいいっ、ひぃいいっ」
「おおっ、おおっ、いいねぇ、玲奈、おおっ、おおっ」
「ひぃいい、ひぃいい、ひぃいいいっ」
玲奈のお顔がくしゃくしゃに歪みます。目からは涙がこぼれます。薄く開いた唇からは、呻きのお声が洩れでてきます。
「ひぃいい、ひぃいい、ひぃいいいいっ」
からだが、おっぱいが、太ももが、ピクンピクン、波打ってきます。手を握り、足の指を内へ折り曲げ、二十歳の女子が喜悦にのたうちます。
「おおおおっ、玲奈ぁ、おれ、おれ、おおっ、でそうや、おおおっ」
「いやぁああ、あああん、哲ちゃん、哲ちゃん、んんんっ、ひぃいいいいっ」
哲夫の射精が近くなって、玲奈もアクメに向かって、一緒にあっちへ行ってしまういきおいです。とろとろ、ぬるぬる、玲奈の膣がお水を垂れ流しながら、膨らみ、窄み、膨らみ、窄み、ずんずんと高みへ昇っていきます。
「ああああああっ、ひやぁあ、ああああ~~っ」
開脚M姿の玲奈が、お尻を浮かせ、揺すり、身悶えします。
「あああああ、あああああ、ああああああ~~!」
哲夫の射精、ぴしゅん、ぴしゅんの刺激で、玲奈がオーガズム、精子を膣に放出されたときには、お小水をピシュンと飛ばして、果ててしまったのでした。
(えろす玲奈、おわり)