3ji_ero_170608-014
-9-
三条木屋町にある多良画廊は、絵画だけではなくてオリジナル原画を販売したりします。エッチな領域、18禁の領域、その領域の絵画やアニメ原画は、多良画廊の扱う作家さんにも注目されています。それはコレクターの質が高い、けっこう高額で作品が売れる、というのです。東京で出版社に勤めていた大谷神子にも、その話をうわさで聞いて、興味を持っていたところです。東京からやってきたその日、多良画廊を訪れてきた大谷神子は、羞恥部屋と呼ばれている画廊とドア続きの別室へと案内され、体験メニューに従ってアクメを迎えてしまったのです。
「昨日は、どうも、おおたにみこさん、いい体験でしたね」
まだお昼前だというのに、大谷神子が画廊を訪ねてきて、多良健介が応対しているところです。
「はぁああ、恥ずかしいの承知で、今日も来ちゃったの」
紺系のミニスカートに白いブラウス、清楚なOLといった感じの神子が、多良健介とが目線が合わないようにうつむいて、恥ずかしげに言うのです。
「お気に召したんですね、この多良画廊のこと、そうなんだ、そうなんですよね」
「はぁああ、なんかしら、夜、寝られなくて、こうして・・・・」
画廊オーナーの多良健介は、よくあることだ、この大谷神子も、と納得したうえで、突っこんで応対していきます。
「興奮したんでしょ、きっと、ね」
「妄想ばっか、わたし、どうかしてる、また、来ちゃって・・・・」
画廊の照明が点けられて、壁面に飾られた作品にスポットが当たっています。ビンテージではなくて最新の作家の作品、エロスのなかみは女体が羞恥のポーズで、日本画として描かれていたり、版画であったり、いずれも克明でリアルな描写の女体図です。
「まあ、ゆっくり、していきなさい、ここは、心の安らぎ、スポットだから、ねぇ」
まだ麦藁の小さなお帽子をかぶったままの神子は、黒い皮製のソファーに座るのでした。

「アルトがいいですか、連絡とりましょうか、みこさん」
そういわれて、ソファーに座っている神子が、うなずきます。薄暗い画廊のフロアー、壁面の額装された絵だけが、浮き上がって見えます。
「この作家さん、特集でお会いしたこと、あります」
石井誠のエッチング、神子が所属していた芸術系雑誌の駆け出し記者として、面会したことがあるんです。とはいっても、神子の素性を多良健介が知る由もなく、雑誌とかアダルトビデオのモデルとかにするだけの美貌だ、と思うところです。
「別室で、待ちますか、アルトが、まもなく来ますから」
そういわれて、神子は紙に書かれたメニューのCにチェックをいれて、別室、羞恥部屋へ入ります。Cメニューというのは、バイブレーター、縛り、それにオプションとして、交合があります。
<ああ、昨日の木馬、今日は、このベッドかなぁ・・・・>
八畳の広さ、アンティークな洋間、天井を見上げると、鉄のパイプあり、滑車があります。壁にはXクロスした板があります。木馬の背中の椅子は取り除かれていて、タダの木馬。神子は、なにかしらゾクゾクしてくる気持ちを自覚します。
<わたし、へんたいなんだ、へんたいだわ、いやなわたしだぁ>
入ってきたドアの横はカーテンになっているけど、神子、少しひろげてみると、縦は90cmほどですが、横は2m以上ある大きな鏡、ベッドの高さと同じです。
<映っちゃうんだ、この鏡、映っちゃうんだぁ>
上司の清水郁夫に連れられて行った道玄坂のラブホにも、鏡があったのを思い出す神子。裸になって縛られて、鏡の前に開脚されて、ああ、神子の記憶がよみがえってきます。