1200sx160327_060
-16-
羞恥部屋は多良画廊の別室、八畳の洋間です。籐で編まれた肘掛椅子にお尻をおいている23才OLを辞めたばかりの大谷神子。下半身を剝きだされたまま、お膝をひろげたりすぼめたりです。びびびびっ、股間の真ん中に、バイブレーターが埋め込まれ、その振動におからだが反応してしまうんです。
「あああああっ、あっ、あっ、ああああっ!」
お尻を肘掛椅子の座部からまえへはみ出させ、太腿から膝への角度は閉じられて30度、ひろげられて120度、足首は60cmにひろげ留められている神子です。
「ほうら、みこ、いいでしょ、ほうら」
「ひぃいい、ひぃいい、ああっ、ああっ!」
びびびびっ、バイブの感度は弱から中へと引き上げられて、神子、お顔をしかめ、喜悦に酔って、括られて引き上がった手首をもがかせ、手指を握りしめてしまいます。バイブレーターの振動とうねりが、膣のなかで蠢くから、それだけだけど、女盛りの神子、ヒイヒイと感じているんです。
「いいねぇ、神子、すばらしい女子だ、美貌もスタイルもだ、最高!」
悶える神子の様子をマジックミラーの窓から凝視している多良健介は45才、画廊のオーナー、大谷神子のからだを見て、悶えうつ姿を見て、たまらなく情欲がわいてきます。午後三時からのショーには三人の常連客に連絡をしていて、ここで本番をはじめるのですが、それまで、神子の体力を、温存しておかなければならないと思うところです。
「はぁああ、ああっ、ああっ、ひぃいいっ!」
半裸のからだを揺すって、足を拡げて閉じて、アルトの操縦で神子はアクメに昇っていきます。
「イクか、みこ、イッテしまうか、どうだ!」
「はぁああ、イキたい、イキたい、イッテしまいたい・・・!」
「そうか、それなら、イクんだ、イケ、イケ!」
びびびび、くねくねくねくね、スイッチが強にされ、神子の呻き喘ぐ声が高鳴って、ぐんぐん、昇っていきます。

「はぁああ、イク、イク、はぁああああっ!」
「イケ、ほら、イケ、みこ、イケ、イケ!」
「はぁあああ、ひぃいいいっ、イク、イク、イクぅ、うううう~~~!」
神子の絶唱、膝を思いっきり開いたかと思うと、ぎゅっとすぼめ、上半身をのたうちさせて、ヒイヒイ、ヒイヒイ、八畳の洋間羞恥部屋いっぱいに女の甲高い喜悦声が響きます。神子のからだが開ききり、ぐっとすぼまって爆発します。オーガズムを迎えていく美女、大谷神子、その美しさは観音さまの生き姿です。のぼらせてしまったアルト、窓越しにみている多良健介、その神子の美しさに、見とれてしまうのです。
「はぁああ、あああ、はぁあああ・・・・」
昇ってしまって、ぐったりした神子は深い深呼吸です。手首は括られて頭の上に、足首は60cmにひろげられ床のワッパに留められたまま、紐パンティのバイブレーターがはずされる神子。神子の股間はべっちょりヌレヌレ、ほとばしった愛のお蜜に濡れそぼっているんです。
「はぁああ、はぁああ、はぁああ・・・・」
深呼吸をしながら、しだいに高揚がさめてきた神子は、ぐったり、でも、目をひらき、アルトを見ていうんです。
「まだ、まだ、もっと、もっと、なんて、思っちゃって・・・・」
「イッテしまったけど、休憩して、また、やろうか」
「はぁああ、やってほしいですぅ・・・・」
自由の身になった神子が身につけていたブラウスをなおし、スカートをなおし、お顔は紅潮しているけれど、なんにもなかったかのような、ショーツを穿いていない神子が、よみがえります。