-11-
玲奈へのセックスは社長でアラフォー町田晴樹が最初におわり、スタッフのカメラマン兼栄養士村山徹が二番目におわり、責め役兼身体トレーナー山中哲夫の番になりました。山中は、二十歳の芸大生、コンビニアルバイトの麗しい女子が輪姦されるのを見ながら、うずうずになっていたところです。
「おれ、もう、びんびん、先走りでぐじゅぐじゅだよぉ」
羞恥椅子に全裸開脚すがたで括ってある玲奈。その若い玲奈の性器を見ながら、山中が裸になります。すでに二人の男にセックスされた玲奈はもうぐったり、放心した表情で、薄目を開け、山中の顔を恨めしそうに見ています。
「そんな顔するなよ、玲奈、たっぷり楽しもうよ、なっ」
山中は前戯なし、立ったまま腰を降ろして玲奈の前、半勃起させてるチンポ、亀頭を玲奈の膣へ挿入します。腕を真横斜め下にひろげ、太腿を八の字にひろげられた玲奈が、裸体をよじります。
「ああっ、いやぁああん、いや、いや、いやぁ」
目をつむった玲奈が、鼻に抜ける声で、いやいやをします。心優しい山中が、動きを緩めながら、玲奈の顔を撫ぜていきます。
「玲奈、いいじゃないか、泣くなよ、なっ」
両手で玲奈の頬を挟みながら、腰をぐっと突き出し、勃起チンポを膣に挿しこんでやります。
「ううううっ、ああっ、ああっ、ああっ」
玲奈が呻きます。ぶすぶす、秘所に男のモノを挿し込まれる体位が、正常な形でないだけ、玲奈には屈辱の気持ちです。なされるがまま、玲奈は、快楽の奈落へ落とされていきます。
「ええわぁ、玲奈、めっちゃ、ええわぁ、おおおっ」
調教部屋の羞恥椅子、全裸にされた二十歳の広瀬玲奈が、辱めを受けているところです。身体トレーナーの山中は、女子の感じる壺を探しあて、いっそう快楽声をあげながら、男の欲求を満たしているのです。
「はぁあああ、いやぁあああ、ああん、いやぁああん」
ぶすぶす、ぶすぶす、完全勃起させたチンポで、玲奈の性器を刺激して、女のからだをふるえさせ、どくどくと蜜を汲み出させ、美女をいっそう女神にまで、創ってやろうというのです。もよおしてきた山中が、勃起チンポを引き抜いてスキンをかぶせます。かぶせてそのまま勃起チンポをぶすぶすっ。
「おおっ、おおっ、出す、出す、出すぞぉ」
スピードをあげ、猛烈に踏んばって、射精にもっていく山中です。玲奈は、玲奈で、やっぱり昇らされてしまいます。いややいややといいながら、ひいひい、ひいひい、声を洩らして、果てていくのでした。

00124